PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第16回涙骨賞〈選考委員選評〉
PR
第17回「涙骨賞」を募集

押田成人著作選集2 世界の神秘伝承との交わり 九月会議…宮本久雄・石井智恵美編

2020年9月12日 09時34分
押田成人著作選集2 世界の神秘伝承との交わり 九月会議

押田成人(1922~2003)は、カトリック・ドミニコ修道会の司祭であり、八ケ岳山麓に結んだ草庵で祈りと思索の修道生活を送りながら、現代の文明や技術主義に対する警鐘を鳴らし続けてきた。本書は、押田の草庵に世界の宗教者が集って開かれた「九月会議」(1981年)の記録であるとともに、開催に至る世界各地の宗教や精神的伝統との出合いと交わりの記録でもある。

九月会議にはアジア、アフリカ、北米、南米、ヨーロッパなど各地から、ヒンドゥー教徒、イスラム教徒、仏教徒、キリスト教徒、「アメリカン・インディアン」ら宗教的にも多様な人々が40人ほど集まった。この会議の趣旨については「著名人をかり集めての、いわゆる『国際平和会議』という如きのものでは決してなく、平素かくれて、人類の苦しみを真に生き身に運んでいる底の人々の集まりであり、互いに、すでに、確かにそれと知る人々のおのずからなる集まりであるべき」と述べている。

参加者は寝食を共にして語り合いながら、我が身我が事として問題を受け止め、それぞれの祈りと沈黙の中に希望や受難を分かち合った。そこには世界の自滅的動向を明確にしてその突破口を模索しようと、物質文明と厳しく対峙する精神的指導者の姿がある。

本体価格2700円、日本キリスト教団出版局(電話03・3204・0422)刊。

チベットの主張 チベットが中国の一部という歴史的根拠はない

チベットの主張 チベットが中国の一部という歴史的根拠はない…チベット亡命政権編・著

9月25日

チベット亡命政権が過去の著作物、海外の政府・民間組織・専門家の情報をまとめた。チベットの歴史に始まり、人権や自治の侵害など現在抱えている問題とともに、ダライ・ラマ14世や…

お迎えの信仰 往生伝を読む

お迎えの信仰 往生伝を読む…梯信暁著

9月24日

人は死んでどうなるのか。無に帰するのか。あの世はあるのか。それとも輪廻転生するのか?――生死は人類にとって永遠の謎であり、死ほど不思議な現象はない。我が国で死の問題に人々…

天神様の正体 菅原道真の生涯

天神様の正体 菅原道真の生涯…森公章著

9月23日

太宰府天満宮や湯島天満宮など、学問の神として知られる菅原道真(845~903)の生涯を詳述する。『菅家文草』や『日本三代実録』などの史料をもとに、“人間”道真の正体に迫る…

オンラインの発信 宗教文化リテラシーの重要性

社説9月25日

「9月ジャーナリズム」 深く歴史から学ぶこと

社説9月18日

修行の聖域 伝統的形態を護るためには

社説9月16日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加