PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021 第17回「涙骨賞」を募集

続燈録映照…鈴木哲雄著

2020年9月29日 09時23分
続燈録映照

『建中靖国続灯録』の僧伝から、適宜に抜粋して現代語訳した。初心者には意味を取るのが難しい禅宗独特の表現は補足しながら訳してあり、宋初の禅宗の特徴や、禅の教えの神髄を感じ取ることができる。

『建中靖国続灯録』は『景徳伝灯録』『天聖広灯録』に続く禅宗史伝書。仏国惟白の編で、建中靖国元(1101)年に成り、皇帝・徽宗に上進された。「五灯録」の一つ。略して「続灯録」と呼ばれる。

本書では1句ごとに、日本語訳と原文を掲載。例えば香林澄遠の問答の一説は次のように訳出している。

問「祖師の心とは何ですか(如何是祖意)」

師云く「とび抜けてすぐれた機根が自己に照らして見ている(霊機自照)」

短い漢語に含まれる深い意味まで加えた日本語訳になっている。続く問答は、

僧曰く「(それでは)通佛教の教えは何ですか(如何是教意)」

師云く「ここはどんな居場所か(遮裏是什麼所在)」。禅寺の法座だぞ。通佛教は相手にしない。

日本語訳だけでは理解しにくいと思われる言い回しに簡潔な大意が付されているので、理解を大いに助けてくれる。

本体価格4500円、山喜房佛書林(電話03・3811・5361)刊。

あなたも作れる小さな仏さま

あなたも作れる小さな仏さま…榎本宣道著

10月16日

サラリーマンから仏師になったという異色の経歴を持つ著者の作品と、自身の経験を書き記した一冊。初心者でもチャレンジできる小さな仏像の作り方、著者の半生と仏師としての歩みを知…

安心

安心…坂口博翁著

10月12日

真言宗大覚寺派の別格本山覚勝院の名誉住職で長年保育に携わってきた著者が、人々が生活の中で求める「安心」を、宗祖である弘法大師空海と大覚寺ゆかりの嵯峨天皇の交誼や仏教の言葉…

現代宗教とスピリチュアル・マーケット

現代宗教とスピリチュアル・マーケット…山中弘編

10月10日

現代社会の宗教マーケットを席巻するようになったのがスピリチュアル、スピリチュアリティと呼ばれる宗教だ。本書は消費資本主義が影響を与える現代宗教について、16人の研究者が、…

第17回「涙骨賞」を募集
PR

人間の尊厳と宗教 いのちの本源的な領域

社説10月16日

学術会議任命拒否 理解できる理由の説明を

社説10月14日

人間の弱さを見る目 思いやりの広まりこそ希望

社説10月9日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加