PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021 第17回「涙骨賞」を募集

日本語を科学する 《説話物語文学編》…塩谷典著

2020年9月30日 10時46分
日本語を科学する 《説話物語文学編》

『竹取物語』『古事記』『今昔物語集』『宇治拾遺物語』など日本に古くから伝わる古典文学に焦点を当て、多方面からその源流を読み解く。物語成立の時代背景や登場人物などを分かりやすく説明した上で、本文、語句の解説、通釈、さらには例題を収める。

第一章は日本文学における「説話物語」の位置付けについて。日本で説話や物語がどのように伝わり、人々に広まっていったのかを解説する。第二章では中学、高校などで古典のテキストとしても扱われる『古事記』をテーマにしている。ヤマタノオロチ伝説の主人公であるスサノヲノミコトの生まれと、説話が語られる背景を踏まえて概説する。その上で「スサノヲノミコトのオロチ退治」の本文を抜粋し、語句の解説と訳、通釈を記す。

『竹取物語』を取り上げた章では、文章構成などから作者像についても言及する。そもそもこの物語は幾つかの民話が複合しており、真面目に働いて姫を育てた翁の「富豪長者説話」、成り上がりの権力者を滑稽な笑い話として揶揄する「求婚難題説話」、死への恐怖感を回避し不吉不浄を美化する仏教思想的な「羽衣伝説」で構成されているという。

古文を学ぶ人から一般読者まで幅広い層に向けた一冊。「言語・音韻編」、「文法編」に次ぐシリーズ第3編。

本体価格920円、展望社(電話03・3814・1997)刊。

あなたも作れる小さな仏さま

あなたも作れる小さな仏さま…榎本宣道著

10月16日

サラリーマンから仏師になったという異色の経歴を持つ著者の作品と、自身の経験を書き記した一冊。初心者でもチャレンジできる小さな仏像の作り方、著者の半生と仏師としての歩みを知…

安心

安心…坂口博翁著

10月12日

真言宗大覚寺派の別格本山覚勝院の名誉住職で長年保育に携わってきた著者が、人々が生活の中で求める「安心」を、宗祖である弘法大師空海と大覚寺ゆかりの嵯峨天皇の交誼や仏教の言葉…

現代宗教とスピリチュアル・マーケット

現代宗教とスピリチュアル・マーケット…山中弘編

10月10日

現代社会の宗教マーケットを席巻するようになったのがスピリチュアル、スピリチュアリティと呼ばれる宗教だ。本書は消費資本主義が影響を与える現代宗教について、16人の研究者が、…

第17回「涙骨賞」を募集
PR

異なる原理 最善の交流の道を探るべき

社説10月21日

人間の尊厳と宗教 いのちの本源的な領域

社説10月16日

学術会議任命拒否 理解できる理由の説明を

社説10月14日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加