PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021 第17回「涙骨賞」を募集

西院流能禅方一流伝授…加藤宥雄口説

2020年11月2日 09時51分
西院流能禅方一流伝授

様々な流派がある真言宗の修法の中でも、西院流能禅方は後七日御修法で修される法流として知られる。その法義を余すところなく伝えた故加藤宥雄・種智院大名誉教授(1906~97)による一流伝授の録音を、40年ぶりにデジタル編集。幅広い知識と深い思索に裏打ちされ、多くの真言宗僧侶に感動を与えた講義が二十五回忌によみがえった。DVD全13巻80枚組み。

西院流は、真言宗御室派総本山仁和寺(京都市右京区)の塔中・西院に住んだ信證を流祖とする。毎年1月に営まれる後七日御修法では、勧修寺流金剛界と西院流胎蔵界を交互に修しており、2021年は西院流で厳修される。

その伝授は1902年に東寺真言宗総本山教王護国寺で行われて以来のことだった。78年から85年にかけて種智院大で開筵され、四度加行の作法に始まり、金剛界・胎蔵界次第、理趣三昧供養法、伝法灌頂など、広範な内容が解説される。当時受講した布施浄慧・智山派管長は「静かに時に熱を込めて語られた内容は、独創的で真理に直入し示唆に富むものだった」と振り返る。瀬川大秀・真言宗長者はじめ真言宗各派要路が、後世に残すべきものと推薦している。

予約制(2021年4月末まで)。全巻一括特価37万4000円(分売可)、USS出版(電話0120・482・471)発売。

近代京都日本画史

近代京都日本画史…植田彩芳子・中野慎之・藤本真名美・森光彦著

11月25日

近代京都の日本画壇を通観するガイドブック。竹内栖鳳や富岡鉄斎、上村松園、堂本印象らこの時代を代表する画家54人のキャリアと作品106点をオールカラーで紹介する。加えて約5…

知っておきたい 日本の宗教

知っておきたい 日本の宗教…岩田文昭・碧海寿広編著

11月24日

「日本の宗教について、基本的なことを説明できるようになろう」をコンセプトに、宗教学や社会学などの研究者15人が様々な日本の宗教事情をテーマごとに平易に解説した。基本的な知…

パーリ仏教を中心とした 業論の研究

パーリ仏教を中心とした 業論の研究…浪花宣明著

11月21日

業(カルマ)の問題は、仏教の歴史を通じて多様に展開されてきた。無我や輪廻、宿業などの仏教の基本的な考え方とも大きく関係しており、そのことが問題をより複雑なものとしている。…

第17回「涙骨賞」を募集
PR

家族の絆 古くて新しい檀家の課題

社説11月25日

過疎地寺院問題 コロナで対策は前倒しに

社説11月20日

震災の遺構保存 弔いの心が何より重要

社説11月18日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加