PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021 第17回「涙骨賞」を募集

簡単! お寺ご飯2…飯沼康祐著

2020年11月18日 16時11分
簡単! お寺ご飯2

近年、美容や健康面からも注目されている精進料理。動物性食品や五葷を使わないなど制限が厳しく、手間がかかるという印象もある。天台宗福昌寺の飯沼康祐副住職が考案するのは、身近な食材を使った初めての人にも挑戦しやすい彩り豊かな簡単レシピだ。

第一章では、カブやブロッコリー、キャベツ、大根の葉や芯、皮まで利用する使い切りレシピを提案。シンプルだからこそ野菜から出る甘味や食感が際立つ。茶がらや、だしを引いた後の昆布など捨ててしまいがちな食材も、ひと手間加えることで料理として生まれ変わる。使い切れずに余った野菜の皮や葉を使った精進みそも、食材を無駄なく活用できるアイデアレシピだ。

第二、三章はゴマ和えやおひたし、椀物などの普段の献立に取り入れたい料理とごちそう献立。飯沼副住職は本書で「精進料理は和食、イタリアン、フレンチといった料理のカテゴリーに分けられるものではなく、仏教の教えをやさしく伝えるもの」と述べている。ジャガイモとだしがら昆布のガレット、山椒やトウガラシを使った地獄鍋、ズッキーニのカルパッチョなど和の味付けに縛られないレシピも豊富。ヤマイモを使ったウナギもどきやマイタケのカキフライもどきといった精進らしい「もどき料理」も見どころ。

本体価格1500円、徳間書店(電話049・293・5521)刊。

近代京都日本画史

近代京都日本画史…植田彩芳子・中野慎之・藤本真名美・森光彦著

11月25日

近代京都の日本画壇を通観するガイドブック。竹内栖鳳や富岡鉄斎、上村松園、堂本印象らこの時代を代表する画家54人のキャリアと作品106点をオールカラーで紹介する。加えて約5…

知っておきたい 日本の宗教

知っておきたい 日本の宗教…岩田文昭・碧海寿広編著

11月24日

「日本の宗教について、基本的なことを説明できるようになろう」をコンセプトに、宗教学や社会学などの研究者15人が様々な日本の宗教事情をテーマごとに平易に解説した。基本的な知…

パーリ仏教を中心とした 業論の研究

パーリ仏教を中心とした 業論の研究…浪花宣明著

11月21日

業(カルマ)の問題は、仏教の歴史を通じて多様に展開されてきた。無我や輪廻、宿業などの仏教の基本的な考え方とも大きく関係しており、そのことが問題をより複雑なものとしている。…

第17回「涙骨賞」を募集
PR

家族の絆 古くて新しい檀家の課題

社説11月25日

過疎地寺院問題 コロナで対策は前倒しに

社説11月20日

震災の遺構保存 弔いの心が何より重要

社説11月18日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加