PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021

築地本願寺の経営学…安永雄彦著

2020年11月27日 11時02分
築地本願寺の経営学

近年、積極的な組織改革や新規事業で着実に成果を上げている築地本願寺。その立役者となった安永雄彦宗務長が、2015年の着任以来取り組んできた組織づくりのノウハウや、寺院が生き残るための戦略観を初めて一冊にまとめた。

当時、同寺は約2億円の赤字を計上。危機的な財政の中で、著者と現場の職員には温度差があったという。「400年もなんとかなったのだから大丈夫」「寺はビジネスじゃない」と反発する僧侶たちに、著者が「築地本願寺でも今変わらなければ潰れる」と訴え、同寺の改革が始まった。

立ち上げた事業は、インフォメーションセンターや合同墓の運営、会員制クラブやサテライトテンプルなど実に多彩。さらに顧客管理や人事制度の改善にも着手している。大胆な組織改革のプロセスも盛り込み、グローバルビジネスの第一線で活躍した著者のエッセンスを学べる。

目新しい事業に目が行きがちだが、根底には「新たな時代にこそ仏教が必要である」という信念がある。大規模災害や新型コロナウイルスの影響で人々が人生に不安を覚える昨今、寺院がいかに多くの人に価値を提供できるか。寺院自体の収入も減少する中、現場の人々の問いにヒントを与えてくれる。

本体価格1600円、東洋経済新報社(電話03・6386・1040)刊。

仏像破壊の日本史 神仏分離と廃仏毀釈の闇

仏像破壊の日本史 神仏分離と廃仏毀釈の闇…古川順弘著

12月22日

明治維新と同時に行われた日本史上の一大宗教改革「神仏分離」とそれに連動した「廃仏毀釈」について、資料写真と共に数々の具体的な事例を引いて「日本宗教史における最大のタブー」…

信長が見た戦国京都 城塞に囲まれた異貌の都

信長が見た戦国京都 城塞に囲まれた異貌の都…河内将芳著

12月21日

2010年発行の新書判を文庫化した。現代とも平安京とも異なる戦国時代における京都独自の都市の在り方を織田信長の動向を切り口に読み解く。当時は上京と下京の二つのエリアから成…

これからの天皇制 令和からその先へ

これからの天皇制 令和からその先へ…原武史・菅孝行・磯前順一・島薗進・大澤真幸・片山杜秀著

12月16日

本書は、門流や会派を超えて法華仏教を学ぶ法華コモンズ仏教学林主催の2019年度後期特別講座の内容を基にまとめた。6人の研究者がそれぞれの観点から、これまでの幕府と朝廷との…

PR

見える構造的課題 社会参画型仏教の現況から

社説1月15日

緊急事態宣言再び 宗教界からのメッセージ

社説1月13日

コロナ禍の課題 宗教の価値を説くべき時

社説1月8日
顔認証付き検温器「QHT」 PR
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加