PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021

仏教思想の展開 日蓮仏教とその展開…花野充道博士古稀記念論文集刊行会編

2020年12月11日 11時25分
仏教思想の展開 日蓮仏教とその展開

日蓮教学研究で知られる花野充道氏が古希を迎え、記念論文集が編まれた。800ページを超す大部の2巻。日蓮教学、宗史、仏教学など国内外の学者による53本の論文が収められ、最先端の研究を知ることができる。

花野氏は1950年、京都府生まれ。11歳の時、日蓮正宗総本山大石寺で出家。早稲田大大学院で博士課程を修了した。住職の傍ら学術大会等で積極的に研究成果を発表。宗会議員も務めたが、2009年に僧籍を返上した。同年に法華仏教研究会を発足し研究誌『法華仏教研究』の刊行を続けている。

本論文集に収められるのは、渡邊寶陽・立正大特別栄誉教授「日蓮聖人の法華経救済のイメージと『大曼荼羅』図顕」、末木文美士・東京大名誉教授「鳳潭と性悪説」、ジャクリーン・ストーン・米プリンストン大教授「近世不受不施論争における権力に対する譲歩と殉教」など。専攻、宗派、世代を超え幅広く論考が寄せられている。

花野氏自身も約300ページの大作「日蓮教学の思想史学的探究」を執筆。「日蓮仏教の本質を一言で言えば『安国を実現するために立正の戦いをする』」と記すなど、宗祖讃仰が目的の「宗学」でなく、客観的かつ主体的に日蓮聖人の考えを把握しようとする「思想史学者」としての姿勢が示される。

本体価格3万円、山喜房佛書林(電話03・3811・5361)刊。

現代「只管打坐」講義 そこに到る坐禅ではなく、そこから始める坐禅

現代「只管打坐」講義 そこに到る坐禅ではなく、そこから始める坐禅…藤田一照著

1月22日

「只管打坐」は道元禅師(1200~53)によって提唱された、悟りを得ることを目的としない「ただ坐る」坐禅だ。マインドフルネスが注目されている現代、アメリカから日本に逆輸入…

仏像破壊の日本史 神仏分離と廃仏毀釈の闇

仏像破壊の日本史 神仏分離と廃仏毀釈の闇…古川順弘著

12月22日

明治維新と同時に行われた日本史上の一大宗教改革「神仏分離」とそれに連動した「廃仏毀釈」について、資料写真と共に数々の具体的な事例を引いて「日本宗教史における最大のタブー」…

信長が見た戦国京都 城塞に囲まれた異貌の都

信長が見た戦国京都 城塞に囲まれた異貌の都…河内将芳著

12月21日

2010年発行の新書判を文庫化した。現代とも平安京とも異なる戦国時代における京都独自の都市の在り方を織田信長の動向を切り口に読み解く。当時は上京と下京の二つのエリアから成…

PR

阪神淡路27回忌 未来に語り継ぐ課題

社説1月22日

宗教縁の時代 キーワードはソロ社会

社説1月20日

見える構造的課題 社会参画型仏教の現況から

社説1月15日
顔認証付き検温器「QHT」 PR
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加