PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021

お葬式の言葉と風習 柳田國男『葬送習俗語彙』の絵解き事典…高橋繁行著

2020年12月15日 13時48分
お葬式の言葉と風習 柳田國男『葬送習俗語彙』の絵解き事典

日本人は弔いの中で死や死者に対してどう向き合ってきたか。著者は1990年代から30年近く、近畿圏を中心に昔の葬式の聞き取り調査を行ってきた。弔いの言葉は隠語が多く難解にも思えるが、柳田國男『葬送習俗語彙』(1937年)から選んだ用語に約180点の切り絵を付けて絵解きした。

家族、親戚や同じ集落の人たちが、亡くなった人を弔った土葬などの風習を数多く紹介。「極楽縄」の項では、石川県の昔の納棺作法が描かれる。1メートルほどの木綿を死者の膝から首へかけて棺に入れ、それからぐっと絞めつける。頸骨が音を立てて砕けることもあるという。「残酷にさえ見える」納棺作法は、座棺が狭いからでもあるが、「死者をがんじがらめに縛るのは、まだ荒々しい死霊を閉じ込めるため」と著者は指摘する。

死者の出た家の火を「死に火」といって葬家でたばこの火を使うと忌負けしてけがをするとか、野焼き場を指す「ネフタ」では木製の座棺を燃やしたときに死者が踊っているように見える、など死を恐れる気持ちに加えてユーモラスな側面も丁寧に取り上げている。

特に、墓場まで行列を組んで故人を送る「野辺送り」の説明は圧巻。行列を詳細に描いた切り絵を見れば、消えつつある葬送儀礼に懐かしさを感じる人もいるかもしれない。

本体価格1800円、創元社(電話06・6231・9010)刊。

仏像破壊の日本史 神仏分離と廃仏毀釈の闇

仏像破壊の日本史 神仏分離と廃仏毀釈の闇…古川順弘著

12月22日

明治維新と同時に行われた日本史上の一大宗教改革「神仏分離」とそれに連動した「廃仏毀釈」について、資料写真と共に数々の具体的な事例を引いて「日本宗教史における最大のタブー」…

信長が見た戦国京都 城塞に囲まれた異貌の都

信長が見た戦国京都 城塞に囲まれた異貌の都…河内将芳著

12月21日

2010年発行の新書判を文庫化した。現代とも平安京とも異なる戦国時代における京都独自の都市の在り方を織田信長の動向を切り口に読み解く。当時は上京と下京の二つのエリアから成…

これからの天皇制 令和からその先へ

これからの天皇制 令和からその先へ…原武史・菅孝行・磯前順一・島薗進・大澤真幸・片山杜秀著

12月16日

本書は、門流や会派を超えて法華仏教を学ぶ法華コモンズ仏教学林主催の2019年度後期特別講座の内容を基にまとめた。6人の研究者がそれぞれの観点から、これまでの幕府と朝廷との…

PR

見える構造的課題 社会参画型仏教の現況から

社説1月15日

緊急事態宣言再び 宗教界からのメッセージ

社説1月13日

コロナ禍の課題 宗教の価値を説くべき時

社説1月8日
顔認証付き検温器「QHT」 PR
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加