PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021

東洋学術研究 第59巻第2号

2021年1月26日 09時19分
東洋学術研究 第59巻第2号

年2回刊行の『東洋学術研究』最新号は巻頭で特別企画「コロナと人間を語る」を組んだ。ヨーロッパ科学芸術アカデミーのフェリックス・ウンガー会長は提言「ポスト・コロナ―“人間の次元”からの新しい変革」で、グローバル経済の悪影響が感染拡大の原因になったことを踏まえ「今までの生活様式を続けることはできない」と述べ「パンデミックの災禍」を「誰もが共同参画可能な新しい世界に変革するための哲学的、神学的な次元へ、私たちを向かわせる」兆候と捉える。

特別鼎談「コロナ禍の時代をいかに生きるか」は市川裕・東京大名誉教授、東洋哲学研究所の石神豊・主任研究員、山岸伸夫・委嘱研究員の3氏が登場。ユダヤ教史が専門の市川氏は1世紀の国家滅亡や20世紀のユダヤ人虐殺など多くの苦難を経ても新たな知見を発信してきたユダヤ人の歴史を踏まえ、新型コロナウイルスで浮き彫りになった現代の諸問題に対し、自然科学的な視点だけでは対応できないとする。石神氏は人間と感染症の歴史を振り返り、ペスト流行が「人間学へと昇華した」ルネサンスなどの例を紹介。宗教の死生観に学ぶ必要性を語り合う。

3号にわたる特集「シルクロード―仏教東漸の道」最終回は8人が寄稿。思想や文化の広大な伝播の歴史を様々な角度から論じる。

本体価格1238円、東洋哲学研究所(電話042・691・6591)刊。

満月交心 ムーンサルトレター

満月交心 ムーンサルトレター…鎌田東二・一条真也著

2月25日

歌(和歌・歌謡・詩)こそ日本宗教の核だとする宗教哲学者の鎌田東二氏と、弔いこそ人間の人間たるゆえんだと考える作家の一条真也氏が、毎月の満月の日に交わす「WEB文通」をまと…

ジーザス・イン・ディズニーランド ポストモダンの宗教、消費主義、テクノロジー

ジーザス・イン・ディズニーランド ポストモダンの宗教、消費主義、テクノロジー…デイヴィッド・ライアン著、大畑凜、小泉空、芳賀達彦、渡辺翔平訳

2月24日

タイトルを直訳すると「ディズニーランドのイエス」。様々な有名キャラクターや映画を送り出したディズニーは、世界で大きな影響力を持つエンターテインメント産業に成長した。世俗社…

食卓から未来を変える “新しい文明”を築くために2

食卓から未来を変える “新しい文明”を築くために2…宗教法人「生長の家」編

2月22日

猛暑や暴風雨など地球温暖化の影響による気候変動が実感され、環境問題への個人レベルの取り組みが求められている。教団を挙げて環境問題に取り組んできた「生長の家」は、会員が信仰…

食品ロスを減らす 資源を大切にする生き方

社説2月26日

脱炭素社会 人間の驕りへの警鐘を

社説2月24日

東日本大震災10年 宗教者の支援の立場性とは

社説2月19日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加