PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021

法話のきほん…伊東恵深著

2021年1月29日 10時09分
法話のきほん

タイトルの通り「法話とは何か」「法話の原稿はどのように作るか」「法話をする際に気をつけることは何か」など、法話に関する「最も基本的なこと」をまとめた。著名な僧侶の法話集などは多いが、初学者を対象にした参考書がほとんどないため、著者は本書の執筆を決意したという。

理念・準備・実践の3篇で構成。理念篇では「話し手が仏法に出遇った事実や感動、ときには苦悩や悲哀を、〈具体的に〉話すこと」の大切さなどを提示し、準備篇では三段構成(序破急)・四段構成(起承転結)・五段構成(讃題・法説・譬喩・因縁・結勧)の法話の展開方法や法話の分量・時間配分の目安、参考例などを紹介した。実践篇では身なりの整え方や発声の音量、法話終了後の反省と改善の心得などを説明している。

著者が所属する真宗大谷派は教団の近代化に伴い布教使制度を廃止したため、法話を実践的に学ぶ場が他派よりも少ないとされる。ただ、近年は門徒から「法話力」が問われ、宗派も僧侶養成で法話実習の充実を推進する方針を打ち出しており、本書はそうした流れもある程度踏まえている。大谷派では「法話はハウツーや技術ではない」という気風が強いが、そうした“反技術主義”への問題提起を読み取ることも可能かもしれない。

本体価格1300円、法藏館(電話075・343・5656)刊。

満月交心 ムーンサルトレター

満月交心 ムーンサルトレター…鎌田東二・一条真也著

2月25日

歌(和歌・歌謡・詩)こそ日本宗教の核だとする宗教哲学者の鎌田東二氏と、弔いこそ人間の人間たるゆえんだと考える作家の一条真也氏が、毎月の満月の日に交わす「WEB文通」をまと…

ジーザス・イン・ディズニーランド ポストモダンの宗教、消費主義、テクノロジー

ジーザス・イン・ディズニーランド ポストモダンの宗教、消費主義、テクノロジー…デイヴィッド・ライアン著、大畑凜、小泉空、芳賀達彦、渡辺翔平訳

2月24日

タイトルを直訳すると「ディズニーランドのイエス」。様々な有名キャラクターや映画を送り出したディズニーは、世界で大きな影響力を持つエンターテインメント産業に成長した。世俗社…

食卓から未来を変える “新しい文明”を築くために2

食卓から未来を変える “新しい文明”を築くために2…宗教法人「生長の家」編

2月22日

猛暑や暴風雨など地球温暖化の影響による気候変動が実感され、環境問題への個人レベルの取り組みが求められている。教団を挙げて環境問題に取り組んできた「生長の家」は、会員が信仰…

食品ロスを減らす 資源を大切にする生き方

社説2月26日

脱炭素社会 人間の驕りへの警鐘を

社説2月24日

東日本大震災10年 宗教者の支援の立場性とは

社説2月19日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加