PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021

新宗教を問う -近代日本人と救いの信仰…島薗進著

2021年2月3日 09時12分
新宗教を問う -近代日本人と救いの信仰

日本ほど新宗教が大きな力を持つ国は世界に類例がないという。政党と結び付き、選挙の時は大きな力を発揮する創価学会や、多くの青年を惑わせ、地下鉄サリン事件を引き起こしたオウム真理教など、新宗教はなぜ日本でこれほど影響力を持つのか、また近代に大発展した新宗教はなぜ現代において衰退しつつあるのか、さらに救いの信仰に向けられた人々の心はどこへ向かっているのか。本書はこれら三つの問いへの考察を通して、日本の近代とは何かについて考える。

本書ではまず、新宗教の歴史を第1期から第4期に分け、新宗教の最盛期だった第3期に大教団になった創価学会、霊友会、立正佼成会等や第2期の大本などに焦点を当て、これらの新宗教の諸特徴を描き出していく。

後半では江戸時代から明治期の新宗教(第1期)が発生してくる基盤について、江戸時代に発展した民俗宗教や修養運動などに触れ、その流れの中で黒住教、天理教、金光教、本門佛立講などを取り上げる。

最後に、オウム真理教と幸福の科学など第4期の新宗教について述べるとともに、新宗教ではない、新宗教を引き継ぐような宗教性やスピリチュアリティーの動向に言及し、救済宗教が担ってきた精神文化がどのように形を変えていくのかを見定めようとしている。

本体価格940円、筑摩書房(電話03・5687・2601)刊。

満月交心 ムーンサルトレター

満月交心 ムーンサルトレター…鎌田東二・一条真也著

2月25日

歌(和歌・歌謡・詩)こそ日本宗教の核だとする宗教哲学者の鎌田東二氏と、弔いこそ人間の人間たるゆえんだと考える作家の一条真也氏が、毎月の満月の日に交わす「WEB文通」をまと…

ジーザス・イン・ディズニーランド ポストモダンの宗教、消費主義、テクノロジー

ジーザス・イン・ディズニーランド ポストモダンの宗教、消費主義、テクノロジー…デイヴィッド・ライアン著、大畑凜、小泉空、芳賀達彦、渡辺翔平訳

2月24日

タイトルを直訳すると「ディズニーランドのイエス」。様々な有名キャラクターや映画を送り出したディズニーは、世界で大きな影響力を持つエンターテインメント産業に成長した。世俗社…

食卓から未来を変える “新しい文明”を築くために2

食卓から未来を変える “新しい文明”を築くために2…宗教法人「生長の家」編

2月22日

猛暑や暴風雨など地球温暖化の影響による気候変動が実感され、環境問題への個人レベルの取り組みが求められている。教団を挙げて環境問題に取り組んできた「生長の家」は、会員が信仰…

食品ロスを減らす 資源を大切にする生き方

社説2月26日

脱炭素社会 人間の驕りへの警鐘を

社説2月24日

東日本大震災10年 宗教者の支援の立場性とは

社説2月19日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加