PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021 墨跡つき仏像カレンダー2021

令和版 仏の教え 阿弥陀さまにおまかせして生きる…大谷光淳著

2021年2月5日 11時04分
令和版 仏の教え 阿弥陀さまにおまかせして生きる

浄土真宗本願寺派の第25代門主で宗祖親鸞聖人の血脈を継ぐ著者が、先行きの見えない世の中で何を支えに生きていけばよいかを語った一冊。誰しもが感じる人生の悩みや素朴な宗教的疑問などを取り上げ、それに対する著者の考えをつづった。

著者は「かつてあなたが『見えている』と思っていた『先行き』は、本当に確かなものだったのでしょうか」と問い掛ける。コロナ禍で社会の基準や価値観が大きく変わりつつあることに不安や戸惑いを感じてしまいがちだが、無常を説く仏教の視点から見るとむしろそれらを不変のものとして捉えてしまっていたこちら側の誤りに気付かされる。

人はつらいことや悲しいことからはどうあがいても逃れられない。だからといって自らが強くなってそれらを克服しようとしても限界がある。困難な状況には柔軟に向き合って、しなやかに対応するしかない。そのためには絶対に揺らぐことのない安心感を与えてくれる拠り所、つまり宗教が不可欠ということになる。

著者は一人でも多くの人に、誰一人取り残さず救おうという阿弥陀如来のはたらきに出遇ってほしいと願い、浄土真宗の教えについて専門用語に頼らず、言葉を尽くして丹念に説いていく。

本体価格1300円、幻冬舎(電話03・5411・6222)刊。

上座部仏教における聖典論の研究

上座部仏教における聖典論の研究…清水俊史著

3月8日

本書はスリランカを中心に栄えた上座部仏教における①三蔵形成論②仏説論③聖典観――という仏教研究の根幹を成す重要課題に正面から向き合った労作である。 第一部「三蔵形成論」は…

増補版 生きて死ぬ力

増補版 生きて死ぬ力…石上智康著

3月5日

84歳にして浄土真宗本願寺派の現役総長である著者が、2018年刊行の『生きて死ぬ力』にコロナ禍で伝えたいメッセージを加筆し昨年末に上梓した。新型コロナウイルスの流行で改め…

満月交心 ムーンサルトレター

満月交心 ムーンサルトレター…鎌田東二・一条真也著

2月25日

歌(和歌・歌謡・詩)こそ日本宗教の核だとする宗教哲学者の鎌田東二氏と、弔いこそ人間の人間たるゆえんだと考える作家の一条真也氏が、毎月の満月の日に交わす「WEB文通」をまと…

慈悲心浅き世相 共感の輪を広げないと

社説3月5日

情報氾濫、狭まる視野 バランス取れた発信の大切さ

社説3月3日

食品ロスを減らす 資源を大切にする生き方

社説2月26日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加