PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021

増補 仏典をよむ 死からはじまる仏教史…末木文美士著

2021年2月8日 09時30分
増補 仏典をよむ 死からはじまる仏教史

新潮社から単行本で2009年に出版、後に文庫本になっていたが、このたび角川ソフィア文庫の一冊として増補刊行された。思想史の観点から、仏典を「今日に生きる思想書」として読み解くのが著者の立場。教団の解釈の枠から離れ、思想の展開のダイナミズムを追う。

仏教はブッダの死後、その死を乗り越えようとするところから出発したというのが著者の視点。第一部「死からはじまる仏教」は、仏教は死者という異形の他者と正面から向き合わなければならなかった、という視点からインド、中国の仏典を取り上げる。

仏教の日本土着を扱う第二部「日本化する仏教」は『日本霊異記』のほか、最澄『山家学生式』、空海『即身成仏義』、親鸞『教行信証』、道元『正法眼蔵』、日蓮『立正安国論』など主要宗派の聖典を扱うが、従来の宗学解釈や鎌倉新仏教中心史観から距離を置き、各時代の宗教的課題などを参照しつつ、日本思想史の中で解釈する。

現代においても有効な「思想」として仏典を掘り下げて読むという著者の姿勢は一部、二部を通じて一貫している。

角川ソフィア文庫に収めるに当たって加筆修正したほか、「仏典をよむ視座」の章が増補されている。

本体価格1120円、KADOKAWA(電話0570・002・301)刊。

満月交心 ムーンサルトレター

満月交心 ムーンサルトレター…鎌田東二・一条真也著

2月25日

歌(和歌・歌謡・詩)こそ日本宗教の核だとする宗教哲学者の鎌田東二氏と、弔いこそ人間の人間たるゆえんだと考える作家の一条真也氏が、毎月の満月の日に交わす「WEB文通」をまと…

ジーザス・イン・ディズニーランド ポストモダンの宗教、消費主義、テクノロジー

ジーザス・イン・ディズニーランド ポストモダンの宗教、消費主義、テクノロジー…デイヴィッド・ライアン著、大畑凜、小泉空、芳賀達彦、渡辺翔平訳

2月24日

タイトルを直訳すると「ディズニーランドのイエス」。様々な有名キャラクターや映画を送り出したディズニーは、世界で大きな影響力を持つエンターテインメント産業に成長した。世俗社…

食卓から未来を変える “新しい文明”を築くために2

食卓から未来を変える “新しい文明”を築くために2…宗教法人「生長の家」編

2月22日

猛暑や暴風雨など地球温暖化の影響による気候変動が実感され、環境問題への個人レベルの取り組みが求められている。教団を挙げて環境問題に取り組んできた「生長の家」は、会員が信仰…

食品ロスを減らす 資源を大切にする生き方

社説2月26日

脱炭素社会 人間の驕りへの警鐘を

社説2月24日

東日本大震災10年 宗教者の支援の立場性とは

社説2月19日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加