PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021

名僧のことばでわかる仏教入門…釈徹宗監修

2021年2月9日 11時14分
名僧のことばでわかる仏教入門

飛鳥時代の聖徳太子から江戸時代の良寛まで、各宗宗祖をはじめ日本仏教の礎を築いた僧侶30人の代表的な言葉を通して仏教の歴史を概観する。社会的背景から時代ごとの教えの特徴を説明し、言葉に象徴される思想や、その僧侶の生涯を解説する。

飛鳥・奈良時代は5人の言葉が取り上げられており、今年1400年遠忌の聖徳太子は「世間虚仮、唯仏是真」を引用して、晩年は政治から離れ仏の教えに慰められたのではないかと論じる。

1200年遠忌を迎えた伝教大師最澄は、人口に膾炙した「一隅を照らす」と共に「道心の中に衣食あり、衣食の中に道心なし」から、僧侶として自らを厳しく律した姿勢を説明する。

降誕800年の日蓮聖人は、前執権北条時頼に提出した『立正安国論』の一節「汝早く信仰の寸心を改めて、速やかに実乗の一善に帰せよ(以下略)」が選ばれ、法華経中心の国づくりでこの世を浄土にしようとした思想を伝える。

釈徹宗・相愛大教授は巻頭のインタビューで、仏教には言葉を慎重に選んで使う傾向があるとして「考え抜かれ、選びに選び抜かれた言葉には、心と体をおだやかに調えてくれる作用があるはず」と述べている。

本体価格1180円、宝島社(電話03・3239・0927)刊。

満月交心 ムーンサルトレター

満月交心 ムーンサルトレター…鎌田東二・一条真也著

2月25日

歌(和歌・歌謡・詩)こそ日本宗教の核だとする宗教哲学者の鎌田東二氏と、弔いこそ人間の人間たるゆえんだと考える作家の一条真也氏が、毎月の満月の日に交わす「WEB文通」をまと…

ジーザス・イン・ディズニーランド ポストモダンの宗教、消費主義、テクノロジー

ジーザス・イン・ディズニーランド ポストモダンの宗教、消費主義、テクノロジー…デイヴィッド・ライアン著、大畑凜、小泉空、芳賀達彦、渡辺翔平訳

2月24日

タイトルを直訳すると「ディズニーランドのイエス」。様々な有名キャラクターや映画を送り出したディズニーは、世界で大きな影響力を持つエンターテインメント産業に成長した。世俗社…

食卓から未来を変える “新しい文明”を築くために2

食卓から未来を変える “新しい文明”を築くために2…宗教法人「生長の家」編

2月22日

猛暑や暴風雨など地球温暖化の影響による気候変動が実感され、環境問題への個人レベルの取り組みが求められている。教団を挙げて環境問題に取り組んできた「生長の家」は、会員が信仰…

食品ロスを減らす 資源を大切にする生き方

社説2月26日

脱炭素社会 人間の驕りへの警鐘を

社説2月24日

東日本大震災10年 宗教者の支援の立場性とは

社説2月19日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加