PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021

コロナを越えて 慈しみの中に光を…佐野俊也編者

2021年2月12日 10時51分
コロナを越えて 慈しみの中に光を

新型コロナウイルスの感染が拡大し、多くの人が不安な日々を過ごしている。このような時、僧侶は何を考え、どのように民衆と向き合うのか――。曹洞宗を代表する7人の布教師がそれぞれの言葉で、コロナ時代をどう生きるべきか、そのヒントをつづっている。

執筆した布教師は関水俊道、三部義道、渡邊祥文、髙梨尚之、木村髙寛、澤英俊、渡邊宣昭の各氏。関水氏は坐禅会の参加者に「坐禅は不要不急なのでしょうか」と尋ねられ絶句したエピソードを紹介し、「現実を正しく理解し智慧をもって賢く生きるため、僧侶が必要至急の役割を発信すべき」と説く。福島市の渡邊祥文氏は原発事故後に受けた差別を明らかにし、「私たちには怖れ忌避する心が内在している。自分可愛さが露出し他を抑圧・排除し、差別的言動に付和雷同する」「不安や苦悩が頂点のときこそ寄り添い伴走する人が求められる」と僧侶の役割を見いだす。

本書を企画した佐野俊也・法光寺住職は、これからの時代を生きる際のキーワードが「慈悲=慈しみの心」だと指摘。「いのちの継承の中で『人は必ず死ぬ。それを自覚して自己のいのちと他のいのちを共に大切にして生きる』。そのような想いの中にこそ、人と人との真の出逢いが生まれ、光輝く瞬間が生まれる筈だ」との信念を記している。

本体価格800円、心力舎(電話03・5440・5514)刊。

満月交心 ムーンサルトレター

満月交心 ムーンサルトレター…鎌田東二・一条真也著

2月25日

歌(和歌・歌謡・詩)こそ日本宗教の核だとする宗教哲学者の鎌田東二氏と、弔いこそ人間の人間たるゆえんだと考える作家の一条真也氏が、毎月の満月の日に交わす「WEB文通」をまと…

ジーザス・イン・ディズニーランド ポストモダンの宗教、消費主義、テクノロジー

ジーザス・イン・ディズニーランド ポストモダンの宗教、消費主義、テクノロジー…デイヴィッド・ライアン著、大畑凜、小泉空、芳賀達彦、渡辺翔平訳

2月24日

タイトルを直訳すると「ディズニーランドのイエス」。様々な有名キャラクターや映画を送り出したディズニーは、世界で大きな影響力を持つエンターテインメント産業に成長した。世俗社…

食卓から未来を変える “新しい文明”を築くために2

食卓から未来を変える “新しい文明”を築くために2…宗教法人「生長の家」編

2月22日

猛暑や暴風雨など地球温暖化の影響による気候変動が実感され、環境問題への個人レベルの取り組みが求められている。教団を挙げて環境問題に取り組んできた「生長の家」は、会員が信仰…

食品ロスを減らす 資源を大切にする生き方

社説2月26日

脱炭素社会 人間の驕りへの警鐘を

社説2月24日

東日本大震災10年 宗教者の支援の立場性とは

社説2月19日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加