PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

上座部仏教における聖典論の研究…清水俊史著

2021年3月8日 10時04分
上座部仏教における聖典論の研究

本書はスリランカを中心に栄えた上座部仏教における①三蔵形成論②仏説論③聖典観――という仏教研究の根幹を成す重要課題に正面から向き合った労作である。

第一部「三蔵形成論」は、三蔵がどのようにして現行の姿に定まっていったのかを詳述する。5世紀以前に成立した古資料によって、経蔵が5部構成で既に統一されていたことを文献学的に証明。ブッダゴーサを、思想的な独自性をもって経蔵をそれまでの4部から5部に再編した人物として特定した先行研究を覆したことが注目される。

第二部「仏説論」は、上座部における仏説論について、正統性に疑義のある教説にも“仏説”としての権威を付与するための理論であり、三蔵の範囲を規定するための理論ではないことを明らかにする。この結論は、仏説論が大乗経典を生み出す原動力になったという理解に再考を迫るものであり興味深い。

第三部「聖典観」では上座部における結集伝承や書写聖典、舎利崇拝の諸相を説一切有部や大乗仏教のそれと比較。「結集において合誦された三蔵がいまだ何一つとして失われていない」という確信こそが上座部をして上座部たらしめる聖典観であると結論する。

上座部パーリ三蔵の形成過程解明に取り組む研究として、学問的論議を刺激することになるだろう。本体価格9000円、大蔵出版(電話03・6419・7073)刊。

グローバル化時代の日韓新宗教

グローバル化時代の日韓新宗教…李和珍著

4月12日

急激なグローバル化や情報化が進んだ20世紀末以降の社会の変化に対し、日韓の新宗教教団がどう対応してきたかを考察する。 対象として、日本の妙智會教団、韓国の圓佛教を取り上げ…

近世日本の災害と宗教 呪術・終末・慰霊・象徴

近世日本の災害と宗教 呪術・終末・慰霊・象徴…朴炳道著

4月10日

明暦の大火、浅間山の大噴火、コレラ大流行――。江戸時代には幾つもの災害が起き、見聞記や供養塔、「鯰絵」などの浮世絵が残された。これらの資料から、当時の人々が地震や疫病とい…

近世の天台宗と延暦寺

近世の天台宗と延暦寺…藤田和敏著

4月9日

叡山文庫(大津市)に所蔵されている近世の膨大な延暦寺文書を読み解きながら、近世天台宗と延暦寺の実像を明らかにした。 1571(元亀2)年の織田信長による焼き打ちで延暦寺は…

寄付の文化 支え合いの心が足りぬ日本

社説4月14日

聖徳太子御聖諱 国際化時代の和を訴える

社説4月9日

釈尊の降誕を寿ぐ 憂いなく安穏であること

社説4月7日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加