PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

成功の人生 -氣の活用-…岡村隆二著

2021年3月17日 11時11分
成功の人生 -氣の活用-

波乱の半生を送った後、人生の「成功者」となった著者のこれまでの歩みが本書で包み隠さずに語られ、後半部分で成功の秘訣となった「氣の活用」を伝授する。

著者は、玄界灘の波しぶきが上がる長崎の半農半漁村の浄土宗寺院に次男として出生。1歳半の時、高さ2㍍の太鼓橋から落ちて頭に18針も縫う大けがをした。幼少期から身体が弱く、周囲や親を心配させた。しかし向上心は人一倍強く、上京して大正大を卒業後、34歳で会社を創業し、効率を最優先する“合理の世界”で23年間オーナー社長として会社を隆盛に導いた。次にその会社を譲渡してNPOを設立し、ボランティア活動という“非合理の世界”へ完全に転生して「人生二生」を謳歌してきた。

「自分の人生を強く生ききれば、強く老いることができ、感謝をもって死を迎えられる」という信念を著者は持ち、若い人たちに「多少のハンディがあっても、自己実現の人生が送れるんだよ」というメッセージを伝えるために本書を著したという。

インドの「人生の四期」に当てはめて自らの人生設計を考え、「氣の活用」についての学びを通して「イメージ通りの成功の人生」を成就するための鍵やヒントを紹介する。

本体価格1200円、文芸社刊。連絡先はNPO「氣の活用コム」(電話090・2454・7672)。

グローバル化時代の日韓新宗教

グローバル化時代の日韓新宗教…李和珍著

4月12日

急激なグローバル化や情報化が進んだ20世紀末以降の社会の変化に対し、日韓の新宗教教団がどう対応してきたかを考察する。 対象として、日本の妙智會教団、韓国の圓佛教を取り上げ…

近世日本の災害と宗教 呪術・終末・慰霊・象徴

近世日本の災害と宗教 呪術・終末・慰霊・象徴…朴炳道著

4月10日

明暦の大火、浅間山の大噴火、コレラ大流行――。江戸時代には幾つもの災害が起き、見聞記や供養塔、「鯰絵」などの浮世絵が残された。これらの資料から、当時の人々が地震や疫病とい…

近世の天台宗と延暦寺

近世の天台宗と延暦寺…藤田和敏著

4月9日

叡山文庫(大津市)に所蔵されている近世の膨大な延暦寺文書を読み解きながら、近世天台宗と延暦寺の実像を明らかにした。 1571(元亀2)年の織田信長による焼き打ちで延暦寺は…

寄付の文化 支え合いの心が足りぬ日本

社説4月14日

聖徳太子御聖諱 国際化時代の和を訴える

社説4月9日

釈尊の降誕を寿ぐ 憂いなく安穏であること

社説4月7日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加