PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

東日本大震災  3.11 生と死のはざまで…金田諦應著

2021年3月24日 13時36分
東日本大震災  3.11 生と死のはざまで

「慈悲は厳しい言葉。切に他を想う心は、同じ力で自分に帰ってくる。他を想えば想うほど、どうにもならない現実がそこにあるのだ」。東日本大震災の被災者に寄り添い続ける著者はこう語る。

震災直後から仮設住宅等で始めた傾聴喫茶「カフェ・デ・モンク」の活動や被災者との出会いなどを克明につづる。

津波で子どもを亡くした母親、父親を亡くした小学生、復興住宅で自死した友人など、様々な苦しみが被災地にはあふれる。傾聴する人たちはその苦しみをそのまま受け止め、被災者自身がやがて踏み出す一歩を温かく見守っている。

著者は宮城県の曹洞宗僧侶であり、震災後に医療者や牧師、東北大関係者らと共に「心の相談室」の立ち上げに協力。カフェも緩やかに連携し、緩和ケアに宗教を取り入れた「臨床宗教師」養成にも尽力した。

「あとがきに代えて」では原発事故についても触れる。「原発が未完成で危うい技術であることを認めなければならない。そして、『品格と良識』をもって『フクシマ』から突き付けられた問いに、向き合い続けなければならない。そういう問いを背負いながら、生と死のはざまを歩き続けるのが私たちの責務なのだ」としている。

本体価格1800円、春秋社(電話03・3255・9611)刊。

グローバル化時代の日韓新宗教

グローバル化時代の日韓新宗教…李和珍著

4月12日

急激なグローバル化や情報化が進んだ20世紀末以降の社会の変化に対し、日韓の新宗教教団がどう対応してきたかを考察する。 対象として、日本の妙智會教団、韓国の圓佛教を取り上げ…

近世日本の災害と宗教 呪術・終末・慰霊・象徴

近世日本の災害と宗教 呪術・終末・慰霊・象徴…朴炳道著

4月10日

明暦の大火、浅間山の大噴火、コレラ大流行――。江戸時代には幾つもの災害が起き、見聞記や供養塔、「鯰絵」などの浮世絵が残された。これらの資料から、当時の人々が地震や疫病とい…

近世の天台宗と延暦寺

近世の天台宗と延暦寺…藤田和敏著

4月9日

叡山文庫(大津市)に所蔵されている近世の膨大な延暦寺文書を読み解きながら、近世天台宗と延暦寺の実像を明らかにした。 1571(元亀2)年の織田信長による焼き打ちで延暦寺は…

寄付の文化 支え合いの心が足りぬ日本

社説4月14日

聖徳太子御聖諱 国際化時代の和を訴える

社説4月9日

釈尊の降誕を寿ぐ 憂いなく安穏であること

社説4月7日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加