PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

聖地・熊野と世界遺産 宗教・観光・国土開発の社会学…田中滋・寺田憲弘編著

2021年4月2日 13時21分
聖地・熊野と世界遺産 宗教・観光・国土開発の社会学

紀伊半島の熊野地方は古代以来の霊地で、「蟻の熊野詣」という言葉が示すように多くの巡礼者を引き寄せた。近代に入ってやや衰退したが、2004年のユネスコ世界遺産登録で再び脚光を浴び、ツーリズムや自然開発に伴う問題も浮上してきた。

本書は田中滋・龍谷大名誉教授を中心とする研究グループが03年から19年にかけて行った熊野地方の社会調査の成果。第1部「激動の近代――廃仏毀釈の嵐から近代観光と電源開発へ」、第2部「問い直される近代――世界遺産化と地域社会の変貌」の2部構成で、序章を含め論文14篇を収める。

第1部では熊野の自然開発とそれに伴う地域の変化が社会学的に分析され、第2部では世界遺産登録後の様々な反応が取り上げられる。「国民の均質化」を意味する明治以降のナショナリゼーションと、近年著しいグローバリゼーションが全体を通してのキーワードになる。

明治政府の神仏分離、国家神道政策のもと変質した熊野の宗教文化は、いま観光立国という国策、地域活性化の枠組み、世界遺産の新たな文脈の中で位置付けられている。本書では近代国家で負の評価が与えられてきた修験道の「観光資源化」、ツーリズムと信仰の価値の問題なども論じられている。

定価3520円、晃洋書房(電話075・312・0788)刊。

グローバル化時代の日韓新宗教

グローバル化時代の日韓新宗教…李和珍著

4月12日

急激なグローバル化や情報化が進んだ20世紀末以降の社会の変化に対し、日韓の新宗教教団がどう対応してきたかを考察する。 対象として、日本の妙智會教団、韓国の圓佛教を取り上げ…

近世日本の災害と宗教 呪術・終末・慰霊・象徴

近世日本の災害と宗教 呪術・終末・慰霊・象徴…朴炳道著

4月10日

明暦の大火、浅間山の大噴火、コレラ大流行――。江戸時代には幾つもの災害が起き、見聞記や供養塔、「鯰絵」などの浮世絵が残された。これらの資料から、当時の人々が地震や疫病とい…

近世の天台宗と延暦寺

近世の天台宗と延暦寺…藤田和敏著

4月9日

叡山文庫(大津市)に所蔵されている近世の膨大な延暦寺文書を読み解きながら、近世天台宗と延暦寺の実像を明らかにした。 1571(元亀2)年の織田信長による焼き打ちで延暦寺は…

寄付の文化 支え合いの心が足りぬ日本

社説4月14日

聖徳太子御聖諱 国際化時代の和を訴える

社説4月9日

釈尊の降誕を寿ぐ 憂いなく安穏であること

社説4月7日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加