PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

構築された仏教思想 ツォンカパ…松本峰哲著

2021年4月5日 13時57分
構築された仏教思想 ツォンカパ

仏教思想史で注目すべき教義や思想を築き上げた仏教者を取り上げる「構築仏教」シリーズの9冊目。チベット仏教のツォンカパ(1357~1419)に光を当てる。インドの部派仏教、大乗仏教の顕教と密教の異なる仏教思想を一つにまとめチベット仏教の基礎をつくった祖師の生涯と思想をたどる。

ツォンカパはアムド地方のツォンカという地で6人兄弟の4子として生まれた。3歳で優婆塞戒を、8歳になると沙弥戒を授かり出家僧となり、16歳で中央チベットのウ地方に留学し顕教を学んだ。タコルと呼ばれる学問の研鑽を積む修行として有力な僧院も巡った。その頃に悟りの境地に至るような不思議な体験をしたという。

25歳で具足戒を授かり、比丘となった。以降、本格的な密教修行、戒律復興運動、講義や著作などの活動を精力的に展開。晩年、体調を崩しても各地で法話を続けた。1419年10月25日、結跏趺坐を組んで深い瞑想に入り、息を引き取った。

ツォンカパが著した『菩提道次第小論』は「仏陀は決して無益なことは一言も語っていない。つまり小・大乗区別無く、すべての教説に意味がある」との考え方のもとで小乗、大乗、密教へと進み、悟りに到達できると示してチベット仏教を大成した。

定価1870円、佼成出版社(電話03・5385・2323)刊。

グローバル化時代の日韓新宗教

グローバル化時代の日韓新宗教…李和珍著

4月12日

急激なグローバル化や情報化が進んだ20世紀末以降の社会の変化に対し、日韓の新宗教教団がどう対応してきたかを考察する。 対象として、日本の妙智會教団、韓国の圓佛教を取り上げ…

近世日本の災害と宗教 呪術・終末・慰霊・象徴

近世日本の災害と宗教 呪術・終末・慰霊・象徴…朴炳道著

4月10日

明暦の大火、浅間山の大噴火、コレラ大流行――。江戸時代には幾つもの災害が起き、見聞記や供養塔、「鯰絵」などの浮世絵が残された。これらの資料から、当時の人々が地震や疫病とい…

近世の天台宗と延暦寺

近世の天台宗と延暦寺…藤田和敏著

4月9日

叡山文庫(大津市)に所蔵されている近世の膨大な延暦寺文書を読み解きながら、近世天台宗と延暦寺の実像を明らかにした。 1571(元亀2)年の織田信長による焼き打ちで延暦寺は…

寄付の文化 支え合いの心が足りぬ日本

社説4月14日

聖徳太子御聖諱 国際化時代の和を訴える

社説4月9日

釈尊の降誕を寿ぐ 憂いなく安穏であること

社説4月7日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加