PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

中世禅宗の儒学学習と科学知識…川本慎自著

2021年4月7日 16時59分
中世禅宗の儒学学習と科学知識

中世日本における儒学は主に禅宗寺院を受容者とし、禅僧を担い手として発展したという。このことが、後の戦国時代や江戸時代の社会にどのような影響を及ぼしたか。東京大史料編纂所准教授の著者が考察する。

まず、中世日本の禅宗を「清冽な禅宗」「経済の禅宗」という二つの異なる視点から眺めた。経済の禅宗とは、荘園経営や貿易活動を通じて禅宗寺院が果たした経済的な役割に着目したもので、経済活動に伴う知識の蓄積が儒学学習に結び付いていく過程を読み解く手掛かりとなる。

学問と経済活動は一見、深いつながりはないような印象を受ける。著者の論考から見えてくるのは、禅宗寺院が思想や美術だけでなく政治や経済など広い分野で果たしていた役割で、社会に対する影響力の大きさも浮かび上がる。

当時の禅宗寺院は禅宗を広めるための手段、すなわち「興禅の方便」として儒学を取り入れた。それが禅宗寺院の学問に実利的な意味合いをもたらすことになり、経済活動に関する寺院の知識形成にも寄与することとなった。本書はこうして禅宗寺院に蓄積された実用的な思想と知識が、近世に至って科学技術の基礎となっていく過程を様々な角度から論じている。

定価6160円、思文閣出版(電話075・533・6860)刊。

グローバル化時代の日韓新宗教

グローバル化時代の日韓新宗教…李和珍著

4月12日

急激なグローバル化や情報化が進んだ20世紀末以降の社会の変化に対し、日韓の新宗教教団がどう対応してきたかを考察する。 対象として、日本の妙智會教団、韓国の圓佛教を取り上げ…

近世日本の災害と宗教 呪術・終末・慰霊・象徴

近世日本の災害と宗教 呪術・終末・慰霊・象徴…朴炳道著

4月10日

明暦の大火、浅間山の大噴火、コレラ大流行――。江戸時代には幾つもの災害が起き、見聞記や供養塔、「鯰絵」などの浮世絵が残された。これらの資料から、当時の人々が地震や疫病とい…

近世の天台宗と延暦寺

近世の天台宗と延暦寺…藤田和敏著

4月9日

叡山文庫(大津市)に所蔵されている近世の膨大な延暦寺文書を読み解きながら、近世天台宗と延暦寺の実像を明らかにした。 1571(元亀2)年の織田信長による焼き打ちで延暦寺は…

寄付の文化 支え合いの心が足りぬ日本

社説4月14日

聖徳太子御聖諱 国際化時代の和を訴える

社説4月9日

釈尊の降誕を寿ぐ 憂いなく安穏であること

社説4月7日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加