PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

近江の狛犬を楽しむ 淡海文庫67…小寺慶昭著

2021年4月8日 11時47分
近江の狛犬を楽しむ 淡海文庫67

全国推定7万対の狛犬の悉皆調査を志す著者が滋賀県の1826社と4寺を調査し、「参道狛犬」1385対を分析した。

県内神社の狛犬の設置率は約61%で、全国平均の59%と比べ少し高い。京都50%、大阪78%、兵庫50%、三重61%、和歌山55%、東京23区43%となっており、戦前に神社合祀が徹底された地域で設置率が高くなると分析している。

全国の神社の参道に狛犬を建てるのが一般化するのは江戸時代の承応年間(1652~55)以降で、大衆化するのは天明(1781~89)からという。県内最古の参道狛犬は甲賀市土山町・加茂神社の1793年の狛犬だが「街道からも外れた村に時期が早すぎる」と首をかしげる。江戸時代の狛犬のほとんどは大坂商人が広めた「浪花狛犬」型だが、近江商人の地元には一切ない。代わりになぜか「出雲狛犬」型が普及していると指摘する。

著者が「日本一の狛犬」とたたえるのが栗東市・大宝神社の重要文化財・木造狛犬(鎌倉時代初期)だ。神殿に置かれる「陣内狛犬」だが、石造狛犬の産地として知られる愛知県岡崎市の職人が本像をモデルとしたことで全国に広まった。獅子・狛犬の違いの俗説の検討や、賽銭泥棒と間違われない工夫など調査中の逸話も面白い。

定価1650円、サンライズ出版(電話0749・22・0627)刊。

弘法大師の贈り物

弘法大師の贈り物…橋本真人著

6月11日

高野山で四十有余年仏道を歩み続ける著者が、宗祖大師の教えや日々の心掛けを簡潔につづった48編の法話集。法会や行事、自然と季節の流れを見つめた。誰の胸にも思い当たる日常の場…

馬と古代社会

馬と古代社会…佐々木虔一、川尻秋生、黒済和彦編

6月10日

馬は古来、移動、輸送、労働など様々な役割を担い、人間と共に生きてきた。馬に焦点を当て、文献史学、歴史地理学、考古学など多分野の観点で4世紀から12世紀に至る古代の社会の変…

蓬州宮嶋資夫の軌跡 アナーキスト、流行作家、そして禅僧

蓬州宮嶋資夫の軌跡 アナーキスト、流行作家、そして禅僧…黒古一夫著

6月9日

作家であり「蓬州」の僧名を持つ宮嶋資夫(1886~1951)の評伝。アナーキズムに接近し大正労働文学の先駆的な担い手となるが、思想的煩悶から仏門に入るなど、その特異な遍歴…

コロナで相談急増 自死念慮者支える現場

社説6月11日

時の記念日 時間を尊び、守り、活かせ

社説6月9日

宗教施設の存続問題 法人解散も念頭に

社説6月4日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加