PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

近世日本の災害と宗教 呪術・終末・慰霊・象徴…朴炳道著

2021年4月10日 17時06分
近世日本の災害と宗教 呪術・終末・慰霊・象徴

明暦の大火、浅間山の大噴火、コレラ大流行――。江戸時代には幾つもの災害が起き、見聞記や供養塔、「鯰絵」などの浮世絵が残された。これらの資料から、当時の人々が地震や疫病といった災害にどのように対処したのか、宗教学の視点から読み解く。

『かなめいし』は1662(寛文2)年に京都や大津を襲った大地震の記録。著者の浅井了意は真宗僧侶で、『御伽婢子』などの仮名草子作家として知られる。地震が起きると人々は「世なをし世なをし」と呪文のように口にしていたという。幕末の1862(文久2)年に各地で麻疹が流行した際には「はしか絵」と総称される多色刷り木版画が多数版行された。牛頭天王や黄檗宗僧侶・鉄牛和尚が麻疹疫神を追いやる図や、門口に貼れば防げるという「出雲國麻疹除御神」などがあり、災害の原因・対処の象徴化がなされていると著者は分析する。

死者10万人といわれる明暦の大火後に開創された回向院は、宗派の分からない人々を供養し、それが「諸宗山無縁寺」という号に表現されていること、享保の大飢饉で亡くなった多くの人を集団埋葬するために、民俗宗教としての地蔵信仰が活用されたことなども考察。災害が頻発する近年、宗教が果たしてきた役割を歴史に学ぶ意義は大きい。

定価1万3200円、吉川弘文館(電話03・3813・9151)刊。

悟りから祈りへ

悟りから祈りへ…鈴木秀子・野口法蔵著

5月7日

カトリック女子修道会・聖心会のシスターと臨済宗妙心寺派の僧侶による共著。対談ではなく、読み切りの各節をそれぞれが執筆する形式を取っており、宗教の違いを超えた「他者の幸せを…

法事がわかれば親鸞がわかる 通夜から墓参りまで

法事がわかれば親鸞がわかる 通夜から墓参りまで…北畠知量著

4月28日

法事を通して親鸞聖人の「横超他力」の教えを平易に解説する。同朋大名誉教授で、真宗大谷派の住職である著者は「もうダメだと絶望する自分を阿弥陀如来に託し、そんな自分から解放さ…

評伝 戸田城聖㊦

評伝 戸田城聖㊦…「創価教育の源流」編纂委員会編

4月27日

終戦後の13年間で75万世帯を超える信徒組織を築いた戸田城聖・創価学会第二代会長の軌跡をたどる。 「創価教育学会」が1930年11月18日に創立されて今年で91年。初代会…

コロナ下の行動 問われる良識に基づく自律

社説5月7日

薄れる戦前への反省 「国体」を躊躇なく語る時代

社説4月28日

多様性の尊重 標準を押し付けない社会

社説4月23日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加