PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

グローバル化時代の日韓新宗教…李和珍著

2021年4月12日 09時46分
グローバル化時代の日韓新宗教

急激なグローバル化や情報化が進んだ20世紀末以降の社会の変化に対し、日韓の新宗教教団がどう対応してきたかを考察する。

対象として、日本の妙智會教団、韓国の圓佛教を取り上げた。両教団は共に20世紀前半に開教した仏教系教団で、生活の中での宗教実践や先祖供養の重要視といった共通点が見られるという。調査では両教団の信者へ千人単位の規模のアンケートも行った。

グローバル化への対応では両教団は対照的な対策を取った。妙智會教団は海外に支部を置かず、子どもを特に対象とする海外援助に取り組む国際NGO「ありがとうインターナショナル」の活動に力を注ぐ。一方、圓佛教は海外布教に力を入れ、欧米やアフリカなど各地に60以上の教堂があり、特に日本での布教の歴史を紹介している。

2020年代に入り、グローバル化、情報化はさらに進展した。新型コロナウイルスの世界的な流行で、宗教界でも大人数の集会や面会などの布教手段が制限され、オンラインを積極的に運営に取り入れた教団もある。現在の両教団がこのさらなる社会の変化にどう対応しているのか興味深い。

著者は国際宗教研究所・宗教情報リサーチセンター研究員。本書は國學院大大学院提出の博士論文を基にする。

定価3850円、集広舎(電話092・271・3767)刊。

悟りから祈りへ

悟りから祈りへ…鈴木秀子・野口法蔵著

5月7日

カトリック女子修道会・聖心会のシスターと臨済宗妙心寺派の僧侶による共著。対談ではなく、読み切りの各節をそれぞれが執筆する形式を取っており、宗教の違いを超えた「他者の幸せを…

法事がわかれば親鸞がわかる 通夜から墓参りまで

法事がわかれば親鸞がわかる 通夜から墓参りまで…北畠知量著

4月28日

法事を通して親鸞聖人の「横超他力」の教えを平易に解説する。同朋大名誉教授で、真宗大谷派の住職である著者は「もうダメだと絶望する自分を阿弥陀如来に託し、そんな自分から解放さ…

評伝 戸田城聖㊦

評伝 戸田城聖㊦…「創価教育の源流」編纂委員会編

4月27日

終戦後の13年間で75万世帯を超える信徒組織を築いた戸田城聖・創価学会第二代会長の軌跡をたどる。 「創価教育学会」が1930年11月18日に創立されて今年で91年。初代会…

コロナ下の行動 問われる良識に基づく自律

社説5月7日

薄れる戦前への反省 「国体」を躊躇なく語る時代

社説4月28日

多様性の尊重 標準を押し付けない社会

社説4月23日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加