PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

現代語訳 瑩山禅師『洞谷記』…東隆眞監修・『洞谷記』研究会編

2021年4月16日 10時06分
現代語訳 瑩山禅師『洞谷記』

曹洞宗大本山總持寺の開山、太祖・瑩山紹瑾禅師が著した『洞谷記』を読みやすい現代語訳にした。全文が現代語訳されるのは初めてで、註釈やコラムなども充実。同宗教団の成立過程などが克明に書かれており、現代語訳の公開は宗門史だけでなく、日本仏教史の研究に資することは論をまたない。

禅の問答を記した語録は多く知られるが、本書はそれらとは全く体裁が異なり、瑩山禅師が永光寺(石川県羽咋市)を開創する当初からの日記体の記録を中心に、様々な文書から編まれている。寄進を受けた土地に関するものや、叢林の生活記録、随想、儀式の記録、門下に後世を託した「置文」など、貴重な記録が残されている。

現代語訳した竹内弘道・駒澤大非常勤講師と河合泰弘・愛知学院大教授が解説を加える。竹内氏は『洞谷記』の特異性を紹介しつつ「『宗学成立以前の宗旨』を知るという発想に立ち、瑩山禅師に伝わった道元禅師の教えは何か、両祖を貫く曹洞宗の宗旨は何か、と問う姿勢が求められよう」と指摘。

河合氏は「洞谷山永光寺」の寺号・山号の由来を紹介した上で「瑩山禅師自身が中国曹洞宗の法系に連なり、永光寺がその中心寺院であることを強く意識していた」と論じている。

定価5500円、春秋社(電話03・3255・9611)刊。

悟りから祈りへ

悟りから祈りへ…鈴木秀子・野口法蔵著

5月7日

カトリック女子修道会・聖心会のシスターと臨済宗妙心寺派の僧侶による共著。対談ではなく、読み切りの各節をそれぞれが執筆する形式を取っており、宗教の違いを超えた「他者の幸せを…

法事がわかれば親鸞がわかる 通夜から墓参りまで

法事がわかれば親鸞がわかる 通夜から墓参りまで…北畠知量著

4月28日

法事を通して親鸞聖人の「横超他力」の教えを平易に解説する。同朋大名誉教授で、真宗大谷派の住職である著者は「もうダメだと絶望する自分を阿弥陀如来に託し、そんな自分から解放さ…

評伝 戸田城聖㊦

評伝 戸田城聖㊦…「創価教育の源流」編纂委員会編

4月27日

終戦後の13年間で75万世帯を超える信徒組織を築いた戸田城聖・創価学会第二代会長の軌跡をたどる。 「創価教育学会」が1930年11月18日に創立されて今年で91年。初代会…

コロナ下の行動 問われる良識に基づく自律

社説5月7日

薄れる戦前への反省 「国体」を躊躇なく語る時代

社説4月28日

多様性の尊重 標準を押し付けない社会

社説4月23日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加