PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
中外日報宗教文化講座2021 第18回「涙骨賞」を募集

聞法ノート 聖典のことば -問いと学び-…藤枝宏壽著

2021年4月19日 10時48分
聞法ノート 聖典のことば -問いと学び-

真宗出雲路派了慶寺(福井県越前市)の住職が仏典・聖典等で疑問に感じた言葉などについて、真宗教義・布教の点からどのように領解すべきかを考察した。疑問点とその考察を記した100篇を収録し、横書き形式で必要に応じて図表を付す。最初からでなくても、気になった項目から読み進めることができる。大学で英語の教授を務めた著者だけに、講義のように丁寧に解説する。

内容により「経典関係」「正信偈等関係」「和讃関係」「諸釈文関係(『教行信証』など)」「御文章関係」「用字・用語」「諸種の話題」「図や表」に分類し、経典等の読み方や文意などについて解説。随所に著者ならではの問題提起と考察が見られる。

例えば「用語頻度に見る法然と親鸞の特徴」では、両聖人の著書における用語の使用頻度を調査し、教義・思想の特色を概観。

「死んだらどうなる」で日本人の聞法状況と死後観を、「念仏申すことについて」で念仏することの実態をそれぞれアンケートし、調査結果から布教における問題点などを指摘する。また「善鸞義絶はなかった」とする新聞報道に接して記された「善鸞義絶問題に関する論文・著書等」では、報道以後に集めた善鸞義絶に関する論文・著書の要旨などを列記し、読者に判断材料を提供している。

定価3300円、永田文昌堂(電話075・371・6651)刊。

日本だんじり文化論 摂河泉・瀬戸内の祭で育まれた神賑の民俗誌

日本だんじり文化論 摂河泉・瀬戸内の祭で育まれた神賑の民俗誌…森田玲著

7月20日

岸和田をはじめ大阪府周辺から瀬戸内沿岸に分布する地車文化の全貌を、発祥地の大坂の政治史・社会史・芸能史と重ねつつ多角的に解き明かす初めての書。半世紀にわたる著者の史料分析…

宮座儀礼と「特殊神饌」 奈良県北・中部及び周辺地域を中心に

宮座儀礼と「特殊神饌」 奈良県北・中部及び周辺地域を中心に…𠮷川雅章著

7月19日

祭儀式において重要な要素が、神に物を供える神饌だ。その準備を担うのは神社の神職や職員、氏子、崇敬者だけではない。「宮座」と呼ばれる神社と関係の深い組織・集団が、特別な神饌…

くり返し読みたい  親鸞

くり返し読みたい 親鸞…釈徹宗監修・臼井治画

7月16日

浄土真宗の開祖・親鸞聖人の教えを分かりやすく解説し、人生の悩みにヒントを与えてくれる一冊。『歎異抄』『教行信証』などから引用した聖人の言葉を平易に訳しながら、温かなイラス…

かつて日本が辿った道 香港民主派の大量辞職に憂慮

社説7月30日

いのちの重み伝える やまゆり園事件から5年

社説7月28日

コロナ禍の死者を悼む 悲しみを共にする場が必要

社説7月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加