PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

暮らしのなかの〈いのち〉論…田代俊孝著

2021年4月26日 09時58分
暮らしのなかの〈いのち〉論

仁愛大(福井県越前市)学長で「死そして生を考える研究会(ビハーラ研究会)」「ビハーラ医療団」を立ち上げたビハーラ提唱者の一人である著者が、死を見つめて生の意味を問う「いのちの教育」を考える。タイトルに「暮らしのなかの」とあるように、身近なことを通していのちを思索する契機になるよう刊行された。2部構成。

6篇からなる第1部「いのち」では、科学の目でいのちを「モノ化」して捉える昨今の風潮に警鐘を鳴らす。生命軽視の傾向や、代理出産・臓器売買・尊厳死など生命倫理への課題に対し、自らのいのち観、死生観をどう確立するかが問われており、そのためのいのちの教育や仏教の学びの必要性が説かれている。「仏教の学びそのもの」とするビハーラについては、病や死に対する考え方と実践を記す。また相模原市の知的障害者施設で発生した殺傷事件を振り返り、「いのちの尊厳」について考える。

第2部は、映画「おくりびと」の評論と、直木賞作家・連城三紀彦氏、元文化庁長官で心理学者の河合隼雄氏、カリフォルニア州立大教授で仏教学・ユング心理学の権威だった目幸黙僊氏に対する追悼文を収載。3人いずれも著者と関係が深く、「学恩」を謝し、改めてその功績を讃えるため掲載したという。

定価990円、方丈堂出版(電話075・572・7508)刊。

悟りから祈りへ

悟りから祈りへ…鈴木秀子・野口法蔵著

5月7日

カトリック女子修道会・聖心会のシスターと臨済宗妙心寺派の僧侶による共著。対談ではなく、読み切りの各節をそれぞれが執筆する形式を取っており、宗教の違いを超えた「他者の幸せを…

法事がわかれば親鸞がわかる 通夜から墓参りまで

法事がわかれば親鸞がわかる 通夜から墓参りまで…北畠知量著

4月28日

法事を通して親鸞聖人の「横超他力」の教えを平易に解説する。同朋大名誉教授で、真宗大谷派の住職である著者は「もうダメだと絶望する自分を阿弥陀如来に託し、そんな自分から解放さ…

評伝 戸田城聖㊦

評伝 戸田城聖㊦…「創価教育の源流」編纂委員会編

4月27日

終戦後の13年間で75万世帯を超える信徒組織を築いた戸田城聖・創価学会第二代会長の軌跡をたどる。 「創価教育学会」が1930年11月18日に創立されて今年で91年。初代会…

コロナ下の行動 問われる良識に基づく自律

社説5月7日

薄れる戦前への反省 「国体」を躊躇なく語る時代

社説4月28日

多様性の尊重 標準を押し付けない社会

社説4月23日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加