PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

人は死んだらどこへ行けばいいのか -現代の彼岸を歩く…佐藤弘夫著

2021年5月28日 11時55分
人は死んだらどこへ行けばいいのか -現代の彼岸を歩く

現在、日本は「百年単位で起こる死生観の大転換のさなかにある」と著者はみる。墓じまい、樹木葬、手元供養などが広がるだけでなく、背後にある死を巡る観念そのものが大きな転換点に差し掛かっているという。いかにすれば次世代が安心して受け入れられる「生と死のストーリー」を紡ぎ出せるかという問題意識のもと、全国各地の霊場を訪ね、日本人の他界観の変遷をたどっていく。

中世の日本人は、浄土往生を人生の究極の目的としていたという。それを確実に果たそうとして、この世とあの世を結ぶ聖地に故人の骨が納められた。近世に入ると、この世を仮の世とみる世界観が薄れ、死んだ後も霊魂は墓に残り、遺族が「ご先祖様」と崇めて供養するようになる。それが現代になると、死者と生者の関係は個人対個人となり、「死者は縁者が思い起こした時だけ記憶の中に蘇る存在」で、「死者の側の能動性は失われ」、生者と死者が共存する社会ではなくなったという。

こうした生者と死者の関係が、和宗総本山四天王寺(大阪市天王寺区)、高野山真言宗総本山金剛峯寺(和歌山県高野町)、臨済宗妙心寺派瑞巌寺(宮城県松島町)、浄土宗一心寺(大阪市天王寺区)などの事例から説明され、霊場歩きガイドとしても楽しめる。

定価2420円、興山舎(電話03・5402・6601)刊。

弘法大師の贈り物

弘法大師の贈り物…橋本真人著

6月11日

高野山で四十有余年仏道を歩み続ける著者が、宗祖大師の教えや日々の心掛けを簡潔につづった48編の法話集。法会や行事、自然と季節の流れを見つめた。誰の胸にも思い当たる日常の場…

馬と古代社会

馬と古代社会…佐々木虔一、川尻秋生、黒済和彦編

6月10日

馬は古来、移動、輸送、労働など様々な役割を担い、人間と共に生きてきた。馬に焦点を当て、文献史学、歴史地理学、考古学など多分野の観点で4世紀から12世紀に至る古代の社会の変…

蓬州宮嶋資夫の軌跡 アナーキスト、流行作家、そして禅僧

蓬州宮嶋資夫の軌跡 アナーキスト、流行作家、そして禅僧…黒古一夫著

6月9日

作家であり「蓬州」の僧名を持つ宮嶋資夫(1886~1951)の評伝。アナーキズムに接近し大正労働文学の先駆的な担い手となるが、思想的煩悶から仏門に入るなど、その特異な遍歴…

コロナで相談急増 自死念慮者支える現場

社説6月11日

時の記念日 時間を尊び、守り、活かせ

社説6月9日

宗教施設の存続問題 法人解散も念頭に

社説6月4日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加