PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

希望の源泉 池田思想 『法華経の智慧』を読む③…佐藤優著

2021年5月31日 13時26分
希望の源泉 池田思想 『法華経の智慧』を読む③

自らプロテスタントの信仰を持つキリスト教徒であることを明かした上で、一宗教人として創価学会員の信心の在り方が皮膚感覚で分かると告白し、創価学会という我が国最大の宗教団体と、その指導者である池田大作・第3代会長の思想を積極的に評価する発言を続けている著者が、編集者のインタビューに答える形で池田氏の著書『法華経の智慧』を読み解いていく。シリーズの3冊目。

著者は外交官として活躍した経歴を持ち、現在は作家、大学の客員教授の肩書で幅広い執筆活動を行っている。著名人である著者が活動領域を広げ、創価学会ならびに池田氏の研究分野に踏み込んで言論活動をする意味は決して小さくはない。

創価学会と著者との関係は、互いに異なる信仰体験を持ちながら、信仰者という立脚点において共通するものがあり、しかし、著者はどこまでも教団の外にいる観察者であるという独特の距離感を保っている。

その著者による創価学会への論評には、これまでの創価学会に対する理解や批判にはなかった論点と評価があり、全く新しい創価学会論になっている。それは一般読者にとって新しい視点であるだけでなく、学会の教団運営を担う幹部や会員にとっても鮮烈な印象を持って受け入れられているようだ。

定価1320円、第三文明社(電話03・5269・7144)刊。

弘法大師の贈り物

弘法大師の贈り物…橋本真人著

6月11日

高野山で四十有余年仏道を歩み続ける著者が、宗祖大師の教えや日々の心掛けを簡潔につづった48編の法話集。法会や行事、自然と季節の流れを見つめた。誰の胸にも思い当たる日常の場…

馬と古代社会

馬と古代社会…佐々木虔一、川尻秋生、黒済和彦編

6月10日

馬は古来、移動、輸送、労働など様々な役割を担い、人間と共に生きてきた。馬に焦点を当て、文献史学、歴史地理学、考古学など多分野の観点で4世紀から12世紀に至る古代の社会の変…

蓬州宮嶋資夫の軌跡 アナーキスト、流行作家、そして禅僧

蓬州宮嶋資夫の軌跡 アナーキスト、流行作家、そして禅僧…黒古一夫著

6月9日

作家であり「蓬州」の僧名を持つ宮嶋資夫(1886~1951)の評伝。アナーキズムに接近し大正労働文学の先駆的な担い手となるが、思想的煩悶から仏門に入るなど、その特異な遍歴…

コロナで相談急増 自死念慮者支える現場

社説6月11日

時の記念日 時間を尊び、守り、活かせ

社説6月9日

宗教施設の存続問題 法人解散も念頭に

社説6月4日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加