PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

いつでも歎異抄…井上見淳意訳、一ノ瀬かおる画

2021年6月1日 09時20分
いつでも歎異抄

親鸞聖人の弟子唯円が聞き覚えていた師の言葉を書き留めた『歎異抄』の魅力を、臨場感あふれる意訳とイラストで伝える。「前序」「第一~十(師訓篇)」「後序」の原文と意訳、要点を解説した「Point」を収録した。

『歎異抄』の魅力の一つに「言葉そのものの力強さ・鋭さ」があるという。読者にはその魅力が感じられるよう音読を推奨し、原文の漢字や旧仮名遣いの箇所には振り仮名を施して音読しやすくした。

意訳は著者とされる唯円が、親鸞聖人の言葉や聖人とのやりとりをどのように語ったかをイメージし、イラストを交えて聖人の真意を分かりやすく伝える。

原文・意訳を読み進めるに当たり「予習」ともいえる項目が本書前半に設けられている。事前に親鸞聖人と唯円の関係や撰述のいきさつなど概要をしっかりと押さえ、さらには西田幾多郎や司馬遼太郎ら『歎異抄』に感銘を受けた哲学者や文豪らの言葉に触れて、魅力を知るヒントを得る。

巻末では「親鸞さまってどんな人?」「唯円さんってどんな人?」を掲載し、二人の生涯をたどる。

現代人の心に、親鸞聖人の生の言葉が響くよう編集された一冊。

定価770円、本願寺出版社(フリーダイヤル0120・464583)刊。

弘法大師の贈り物

弘法大師の贈り物…橋本真人著

6月11日

高野山で四十有余年仏道を歩み続ける著者が、宗祖大師の教えや日々の心掛けを簡潔につづった48編の法話集。法会や行事、自然と季節の流れを見つめた。誰の胸にも思い当たる日常の場…

馬と古代社会

馬と古代社会…佐々木虔一、川尻秋生、黒済和彦編

6月10日

馬は古来、移動、輸送、労働など様々な役割を担い、人間と共に生きてきた。馬に焦点を当て、文献史学、歴史地理学、考古学など多分野の観点で4世紀から12世紀に至る古代の社会の変…

蓬州宮嶋資夫の軌跡 アナーキスト、流行作家、そして禅僧

蓬州宮嶋資夫の軌跡 アナーキスト、流行作家、そして禅僧…黒古一夫著

6月9日

作家であり「蓬州」の僧名を持つ宮嶋資夫(1886~1951)の評伝。アナーキズムに接近し大正労働文学の先駆的な担い手となるが、思想的煩悶から仏門に入るなど、その特異な遍歴…

コロナで相談急増 自死念慮者支える現場

社説6月11日

時の記念日 時間を尊び、守り、活かせ

社説6月9日

宗教施設の存続問題 法人解散も念頭に

社説6月4日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加