PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
第18回「涙骨賞」を募集 翠雲堂

身心変容と医療/表現~近代と伝統 身心変容技法シリーズ③…鎌田東二編

2021年6月29日 09時12分
身心変容と医療/表現~近代と伝統 身心変容技法シリーズ③

身心変容技法シリーズの最終巻。認知科学・心理学・宗教哲学などの観点から瞑想を分析した第1弾、キリスト教神秘主義・太極拳・修験道・ヨーガ・密教・止観などの行法に焦点を当てた第2弾に続く第3弾では32本の論文と講演録を収録し、統合医療や東洋医学のほか、霊的暴力・幻視体験・「解脱」・巫病・霊障など、場合によっては扱いづらいテーマを論じるものもある。

京都大の野村理朗氏は「『畏敬の念』は攻撃行動を生ずるのか?」という刺激的なタイトルで問題提起。心理学では「畏敬の念」は「所有物の寄付、あるいは公平な分配などの向社会的行動を促進する」とされ、「ちっぽけな存在」と自覚させ、利己的な囚われから解放すると分析される。

一方で否定的な側面もある。映像視聴やゲームなどを組み合わせた実験から「畏敬の程度」と攻撃性には正の相関関係があるとの結果が得られ、「畏敬の影響が大きいほど、特定の条件下で、攻撃性が高まる可能性を示唆する結果である」としている。「誤解を承知のうえで言おう。紛争の始点には“愛”がある。その愛とは、自己犠牲の愛」「その隣人たる対象はいかにして決まり、こちらと他所とを分かつのだろうか」と語る。

定価4180円、日本能率協会マネジメントセンター(電話03・6362・4558)刊。

語られ続ける一休像 戦後思想史からみる禅文化の諸相

語られ続ける一休像 戦後思想史からみる禅文化の諸相…飯島孝良著

10月18日

一休宗純といえば、小説やアニメの影響もあり日本で広く名の知れた僧侶だが、その実像については謎が多い。さらに語り継がれている「一休像」もまた、在世当時から戦後に至るまで多様…

お寺の掲示板 諸法無我

お寺の掲示板 諸法無我…江田智昭著

10月15日

「ボーッと生きてもいいんだよ」「隣のレジは早い」……。近年、お寺の掲示板への注目が急激に高まっている。より良く生きるための指針や、人間の本性を巧みに指摘するものなど、短い…

親鸞聖人の歩まれた道(その一~三)

親鸞聖人の歩まれた道(その一~三)…林智康著

10月9日

2023年3~5月に浄土真宗本願寺派本山本願寺(京都市下京区)で営まれる親鸞聖人御誕生850年・立教開宗800年慶讃法要に向けて、07~09年に出版した内容を一部修正して…

因果論活用の限界 宗教的な共生の意志こそ

社説10月15日

いのちは選べるか 生かすためになすべきこと

社説10月13日

コロナの出口戦略 冒険するか安全策を取るか

社説10月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加