PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
第18回「涙骨賞」を募集 翠雲堂

100年前のパンデミック 日本のキリスト教はスペイン風邪とどう向き合ったか…富坂キリスト教センター編

2021年7月6日 15時13分
100年前のパンデミック 日本のキリスト教はスペイン風邪とどう向き合ったか

約100年前にも現在と同様のパンデミックがあった。1918~20年に流行したスペイン風邪で、約38万5千人が亡くなった。本書は日本のキリスト教におけるスペイン風邪への対応を研究し、まとめたものだ。

各教派の機関紙等に見るスペイン風邪の記録を巻末に網羅する。そこには氏名や年齢も記され、単に大勢が亡くなったのではなく、司祭や牧師、信者ら一人一人が罹患した事実を改めて知ることができる。様々な集会が中止になるなど、現在と共通することもあれば、米国からの帰国船内で10人の死者が出たにも関わらず、船から降り立った司教を盛大に出迎えるなど、今では考えられないようなことも見受けられる。

どうしてスペイン風邪は忘れ去られたのか。本研究の発起人の戒能信生氏は当時、関東大震災で多大な犠牲が出たこと、朝鮮の三一独立運動、中国の五四抗日運動等の報道に注意が向いたことなどを挙げる。カトリックの事例を調査した三好千春氏は、多くのフランス人宣教師が動員された第1次世界大戦の方が関心事だったと指摘。プロテスタントを調べた李元重氏は「理想を具体化するための実践力が欠如していた」ため、スペイン風邪に対しても具体的な対応ができなかったのではないかと論じている。

定価1650円、新教出版社(電話03・3260・6148)。

宗教から見た世界

宗教から見た世界…島田勝巳著

10月25日

天理教の機関紙『天理時報』で2008年から21年まで続いた連載95編から61編を選んでまとめた。世界で起こった様々な出来事の背後にある宗教的要因を読み解く。情報を批判的に…

備前の児島・五流修験 -その歴史と伝承-

備前の児島・五流修験 -その歴史と伝承-…宮家準著

10月25日

「児島五流」は、瀬戸内海に浮かぶ巨大な島だった「児島」の新熊野権現に依拠した修験である。本書は熊野本宮の修験道から伝わる児島修験の歴史的展開、児島五流の成立、さらにその思…

浄土宗日常勤行の話

浄土宗日常勤行の話…香月乗光著

10月22日

1978年発行の同名の書籍が新装版として読みやすいサイズにリニューアルされた。「毎日み仏の前で『おつとめ』をするということは、私たちの行いをよくし、生活をただしていく上に…

一人の選択と責任 地球の明日を生きるために

社説10月22日

AID出生者の苦悩 寄り添いと技術の歯止めを

社説10月21日

因果論活用の限界 宗教的な共生の意志こそ

社説10月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加