PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
第18回「涙骨賞」を募集 翠雲堂

俳句で学ぶ唯識 超入門 わが心の構造…多川俊映著

2021年7月14日 11時44分
俳句で学ぶ唯識 超入門 わが心の構造

著者は、「唯識」の考え方を学修する宗派として知られる法相宗の大本山興福寺の前貫首。すでに『唯識入門』などの著書があるが、本書では俳句や短歌などの短詩型文学を引用し、そこから想起されるイメージをもとに、心の在り方、そしてその構造についての「唯識仏教」の智慧を平易な文章で説いている。

「心の宗教」とされる仏教において、その唯心論的傾向をいっそう先鋭化させ、あらゆる事柄全てを心の要素に還元し、心の問題として考えようとする立場が唯識仏教だ。「阿頼耶識」など耳慣れない用語で様々な心のメカニズムを説明し、一般的には難解なものとされてきた。

唯識の考え方を少しでも読者の身近なものとするため、親しみやすい七五調を基本とする文学を材料とした。江戸時代の松尾芭蕉、明治時代の夏目漱石や正岡子規、現代の永六輔、川柳や尾崎放哉・種田山頭火の自由律俳句などをも縦横に取り上げ、唯識の智慧を解釈していくための俎上に載せている。

著者は「唯識の考え方を学べば、ものの見方も人を見る目も、いままでとは大きく異なったものになるでしょうし、いままでの自画像とは違う自分に出会えるに違いありません」と呼び掛けている。

定価2200円、春秋社(電話03・3255・9611)刊。

語られ続ける一休像 戦後思想史からみる禅文化の諸相

語られ続ける一休像 戦後思想史からみる禅文化の諸相…飯島孝良著

10月18日

一休宗純といえば、小説やアニメの影響もあり日本で広く名の知れた僧侶だが、その実像については謎が多い。さらに語り継がれている「一休像」もまた、在世当時から戦後に至るまで多様…

お寺の掲示板 諸法無我

お寺の掲示板 諸法無我…江田智昭著

10月15日

「ボーッと生きてもいいんだよ」「隣のレジは早い」……。近年、お寺の掲示板への注目が急激に高まっている。より良く生きるための指針や、人間の本性を巧みに指摘するものなど、短い…

親鸞聖人の歩まれた道(その一~三)

親鸞聖人の歩まれた道(その一~三)…林智康著

10月9日

2023年3~5月に浄土真宗本願寺派本山本願寺(京都市下京区)で営まれる親鸞聖人御誕生850年・立教開宗800年慶讃法要に向けて、07~09年に出版した内容を一部修正して…

因果論活用の限界 宗教的な共生の意志こそ

社説10月15日

いのちは選べるか 生かすためになすべきこと

社説10月13日

コロナの出口戦略 冒険するか安全策を取るか

社説10月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加