PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
第18回「涙骨賞」を募集 翠雲堂

くり返し読みたい 親鸞…釈徹宗監修・臼井治画

2021年7月16日 10時45分
くり返し読みたい  親鸞

浄土真宗の開祖・親鸞聖人の教えを分かりやすく解説し、人生の悩みにヒントを与えてくれる一冊。『歎異抄』『教行信証』などから引用した聖人の言葉を平易に訳しながら、温かなイラストと共にその意味を紹介する。

親鸞の思想の根本は、阿弥陀如来の本願を信じ、念仏を称えるというシンプルなものだ。しかし、著者はその教えの奥に、親鸞の「人の心の弱さに対する切実な悩み」があったとする。同書は「自分と向き合う言葉」「心を強くする言葉」などをテーマに、私たちの弱さに寄り添うような言葉を引用しているが、その背景には聖人の人間に対する徹底した洞察があることを思わせる。

例えば、20年修行してもなお煩悩は消せないと知り、思い切って自力の教えを棄てた聖人の「しかるに愚禿釈の鸞、建仁辛酉の暦、雑行を棄てて本願に帰す」という言葉を、著者は「勇気を持って新たな道を進む」ことだと紹介する。人生の転機で一歩を踏み出す力をくれる力強さがある。人の弱さを何より知る聖人だからこそ、その言葉にきっと励まされるだろう。

また、所々に少年期から往生までの生涯を解説したコラムを付している。巻末の年表や伝道の道のりを記した地図と合わせ、聖人の人生を追想できる。

定価1320円、リベラル社(電話052・261・9101)刊。

語られ続ける一休像 戦後思想史からみる禅文化の諸相

語られ続ける一休像 戦後思想史からみる禅文化の諸相…飯島孝良著

10月18日

一休宗純といえば、小説やアニメの影響もあり日本で広く名の知れた僧侶だが、その実像については謎が多い。さらに語り継がれている「一休像」もまた、在世当時から戦後に至るまで多様…

お寺の掲示板 諸法無我

お寺の掲示板 諸法無我…江田智昭著

10月15日

「ボーッと生きてもいいんだよ」「隣のレジは早い」……。近年、お寺の掲示板への注目が急激に高まっている。より良く生きるための指針や、人間の本性を巧みに指摘するものなど、短い…

親鸞聖人の歩まれた道(その一~三)

親鸞聖人の歩まれた道(その一~三)…林智康著

10月9日

2023年3~5月に浄土真宗本願寺派本山本願寺(京都市下京区)で営まれる親鸞聖人御誕生850年・立教開宗800年慶讃法要に向けて、07~09年に出版した内容を一部修正して…

因果論活用の限界 宗教的な共生の意志こそ

社説10月15日

いのちは選べるか 生かすためになすべきこと

社説10月13日

コロナの出口戦略 冒険するか安全策を取るか

社説10月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加