PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
中外日報宗教文化講座2021 第18回「涙骨賞」を募集

こころのぬりえ…安川如風著

2021年9月8日 09時47分
こころのぬりえ

高野山真言宗別格本山大圓院や浄土真宗本願寺派津村別院、臨済宗妙心寺派大本山妙心寺塔頭大雄院、八坂神社、明治神宮などで彩色・絵付けを手掛け、「京の宮絵師」として知られる安川如風氏が描く天人・鳳凰・供養菩薩・迦陵頻伽・花鳥丸文等をモチーフにした塗り絵本。2007年に向陽書房から出版したものを、表紙などを一新し再版した。塗り絵は認知症予防などに効果があるとして医療や介護の現場でも取り入れられている。

塗り絵の工程を順を追って分かりやすく説明。「尖らせた鉛筆を使いましょう」「最初から濃くしようとしない」「白は極力使わないこと」など、水性色鉛筆を使った色付けの方法も丁寧にアドバイスする。一つ一つのモチーフについて説明文も付す。

塗り絵部分には厚手の画用紙風の紙が使われ、色が塗りやすい。切り取り線も付いており、塗り絵が仕上がったら本から切り離し、額に入れて飾ることもできる。

安川氏は真宗高田派本山専修寺絵所頭をはじめ多くの本山で絵所頭や絵所預を務め、今なお第一線で仕事に励む。塗り絵で「心の静寂を得ていただければ」と願うとともに、寺社を美しく彩る宮絵師の仕事を多くの人に知ってもらい、後世に仕事を伝えていきたいという思いのこもった一冊だ。

定価1430円、法藏館(電話075・343・5656)刊。

真宗からの倶舎・法相読本

真宗からの倶舎・法相読本…北塔光昇著

9月17日

惧舎、法相といえば、奈良仏教の南都六宗に数えられる日本の伝統仏教である。民衆救済を志向する鎌倉新仏教に対し、「唯識三年、惧舎八年」といわれるように難解な学問仏教としてのイ…

華厳の愛 貞心尼と良寛の真実

華厳の愛 貞心尼と良寛の真実…本間明著

9月14日

良寛を「越後の名僧」として現代に伝えた才色兼備の直弟子・貞心尼。その没後150年を来年に控え、本書は70歳の良寛と30歳の貞心尼の清らかで美しい師弟愛を詳述するとともに、…

正信念仏偈註解

正信念仏偈註解…池田行信著

9月13日

親鸞の作である正信念仏偈を各時代の学僧らによる解釈に沿って解説した一冊。江戸時代初期の慶秀、西吟、性海を中心に先学の字義訓詁と釈文を紹介しており、存覚の『六要鈔』以降、正…

「テロとの戦い」の錯誤 宗教者の平和活動の意義

社説9月17日

東京五輪の光と闇 開催理念の再確認を

社説9月15日

いまも消えぬ悲しみ 犠牲者遺体捜し続ける遺族

社説9月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加