PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2022
PR
翠雲堂

梵字集 朴筆書体による種子の世界…小峰智行著

2021年9月10日 12時30分
梵字集 朴筆書体による種子の世界

梵字の書体は、筆記具によって毛筆と朴筆に大別される。一般に梵字というと朴筆で書かれたもののイメージが強いが、平たい特殊な筆を使う上、筆法が難しい。学習機会も多くはなく専門書も限られていることから、梵字研究で知られる著者が、能書家として名高い江戸時代前期の真言僧・澄禅の『種子集』を手本にした363字と、同書には未収録だが現在もしばしば用いられる13字を朴筆書体で書き起こし、一文字ずつ解説する。

梵字一字で仏を表したものを種子といい、文字そのものが神聖視されてきた。本書には大日如来をはじめとする仏、菩薩、天、さらに七星、九曜、二十八宿などを収める。例えば地蔵菩薩の説明では、種子は2文字あり、「普通は『カ』だが、『大日経』では『イ』としている。十三仏のうち五七日忌を司る尊として書かれる場合は『カ』を用いる」と記し、地蔵菩薩についても簡潔に紹介する。

古代インドから日本に伝来するまでの梵字の歴史、澄禅と『種子集』の解説、梵字の基礎知識、梵字で記されることのある曼荼羅の説明もあり、初心者も学びやすい。

巻末の索引は、尊名、字音(ローマ字と仮名)のほか、字形からも検索できて便利。営利目的でなければコピーして使用することも許可している。

定価2970円、里文出版(電話03・3352・7322)刊。

上皇と法皇の歴史 仙洞年代記

上皇と法皇の歴史 仙洞年代記…槇道雄著

1月21日

我が国の天皇制の歴史は、国体の変遷と一体的に展開している。大和政権成立の初めから、象徴天皇制の現憲法下で天皇自らが退位を表明し、憲政史上最初の上皇が誕生するという今日に及…

寺院経営がピンチ! 坊さんの覚悟

寺院経営がピンチ! 坊さんの覚悟…瑞田信弘著

12月24日

浄土真宗本願寺派稱讃寺住職の著者が、人々の既存仏教への関心の薄れや法事への価値観の低下、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い葬儀や法事が縮小傾向にあることを受けて寺院の今後…

思いがけず利他

思いがけず利他…中島岳志著

12月23日

「利他的であろうとすると利他が逃げていくのだったら、わたしはどうすればいいのか」。本書は「利他」を巡る矛盾を「わたし」自身への問いとして引き受け、読者に問う。新型コロナウ…

包括・被包括の観点で 宗派の未来目指す予算に

社説1月21日

1・17から27年 語り伝える努力を

社説1月19日

日常の中の仏行 「百丈清規」の現代的意義

社説1月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加