PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2022
PR
翠雲堂

真宗からの倶舎・法相読本…北塔光昇著

2021年9月17日 10時24分
真宗からの倶舎・法相読本

惧舎、法相といえば、奈良仏教の南都六宗に数えられる日本の伝統仏教である。民衆救済を志向する鎌倉新仏教に対し、「唯識三年、惧舎八年」といわれるように難解な学問仏教としてのイメージが強い。そんな難解な仏教の教理教学についての概説書を浄土真宗本願寺派の勧学である著者が、なぜ手掛けたのだろうか。

答えは、著者が本願寺派僧侶の養成機関である中央仏教学院の第16代院長を務め、5年にわたって仏教について講義してきたことによる。真宗の教えを学ぶ上では、仏教の歴史や他宗派との関係性、さらには他の教えの中から専修念仏の教えが選ばれた理由についても知っておく必要がある。惧舎、法相の教理を知ることは、仏教の因果論や認識論、唯識についての考え方を学ぶことにほかならない。学院生のための副読本としての役目を本書は担っている。

学院での講義に明け暮れるうちに、こんなことを考えるようになったと著者は告白している。――「宗祖親鸞聖人以来の真宗が、日本の仏教各宗とどのような教義的な関係をもって存続してきたのかということに関心が及び」、さらに「その関係性の講義をすることが真宗の僧侶養成機関における私の責務ではないかと考えるようにもなりました」と。

定価2640円、永田文昌堂(電話075・371・6651)刊。

上皇と法皇の歴史 仙洞年代記

上皇と法皇の歴史 仙洞年代記…槇道雄著

1月21日

我が国の天皇制の歴史は、国体の変遷と一体的に展開している。大和政権成立の初めから、象徴天皇制の現憲法下で天皇自らが退位を表明し、憲政史上最初の上皇が誕生するという今日に及…

寺院経営がピンチ! 坊さんの覚悟

寺院経営がピンチ! 坊さんの覚悟…瑞田信弘著

12月24日

浄土真宗本願寺派稱讃寺住職の著者が、人々の既存仏教への関心の薄れや法事への価値観の低下、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い葬儀や法事が縮小傾向にあることを受けて寺院の今後…

思いがけず利他

思いがけず利他…中島岳志著

12月23日

「利他的であろうとすると利他が逃げていくのだったら、わたしはどうすればいいのか」。本書は「利他」を巡る矛盾を「わたし」自身への問いとして引き受け、読者に問う。新型コロナウ…

包括・被包括の観点で 宗派の未来目指す予算に

社説1月21日

1・17から27年 語り伝える努力を

社説1月19日

日常の中の仏行 「百丈清規」の現代的意義

社説1月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加