PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2022
PR
翠雲堂

ゴータマ・ブッダ その先へ 思想の全容解明…羽矢辰夫著

2021年9月21日 10時07分
ゴータマ・ブッダ その先へ 思想の全容解明

ブッダが突き止めた苦の原因は「自他分離的自己形成力」だと論じ、この一貫したテーマをもってブッダの思想を解き明かす。

本書によると、自他分離的自己形成力とは十二縁起の「行」のこと。これにより実体的な私が存在するという自己が形成される。もろもろの苦しみの原因となることから、ブッダは十二縁起の後半で「自他融合的自己を基盤とする認識によって苦しみが滅し、安らぎが得られる」と説いた。自己中心的な欲望が薄れ自利利他的な欲望が生じるのだという。

無我については、自他分離的な自己で苦しむ段階(十二縁起の前半)から自他融合的な認識で安らぎが得られる段階(十二縁起の後半)に成長した状態だと指摘。無我というと我がないように捉えられるため「超我」と訳すことを提案し、「自我の確立という段階が人間の成長の頂点と考えていますが、それは凡夫的人間の成長の頂点であって、ボサツ的人間は自我の確立という段階を超えて成長できる」と訴える。

先の戦争での「天皇陛下のために死ぬことが無我である」との言説は「無我」や「無分別」を文字通りに解釈したことに起因するとし「自我や分別の妥当性を認めつつ、さらにそれらを含んで超えて成長していく」ことを強調している。

定価2420円、春秋社(電話03・3255・9611)刊。

上皇と法皇の歴史 仙洞年代記

上皇と法皇の歴史 仙洞年代記…槇道雄著

1月21日

我が国の天皇制の歴史は、国体の変遷と一体的に展開している。大和政権成立の初めから、象徴天皇制の現憲法下で天皇自らが退位を表明し、憲政史上最初の上皇が誕生するという今日に及…

寺院経営がピンチ! 坊さんの覚悟

寺院経営がピンチ! 坊さんの覚悟…瑞田信弘著

12月24日

浄土真宗本願寺派稱讃寺住職の著者が、人々の既存仏教への関心の薄れや法事への価値観の低下、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い葬儀や法事が縮小傾向にあることを受けて寺院の今後…

思いがけず利他

思いがけず利他…中島岳志著

12月23日

「利他的であろうとすると利他が逃げていくのだったら、わたしはどうすればいいのか」。本書は「利他」を巡る矛盾を「わたし」自身への問いとして引き受け、読者に問う。新型コロナウ…

包括・被包括の観点で 宗派の未来目指す予算に

社説1月21日

1・17から27年 語り伝える努力を

社説1月19日

日常の中の仏行 「百丈清規」の現代的意義

社説1月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加