PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2022
PR
翠雲堂

古代インドの入門儀礼…梶原三恵子著

2021年9月24日 09時12分
古代インドの入門儀礼

インドの歴史は古い。紀元前5000年にさかのぼってインダス文明が栄え、そこへアーリア人が入りアーリア文化を築き上げた。社会体制はバラモン(祭司)、クシャトリヤ(王族・武人)、ヴァイシャ(庶民)、シュードラ(奴婢)の四つに分かれ、支配階級のバラモンは讃歌、呪文、祭詞、祭儀、哲学、儀礼、律法など様々な言語資料としての「ヴェーダ」を創り伝承し、専有した。

本書は、バラモンの宗教儀礼や思想・文化を包含するヴェーダの入門儀礼がどういうものか、その成立と発達、展開を解明し、さらに社会的役割の変遷を論じた労作である。

第4部「ヴェーダ入門儀礼と初期仏教の受戒儀礼」は、初期仏典に見られるブッダへの弟子入りの場面とヴェーダ文献における入門儀礼とを比較検討し、仏教の受戒儀礼への影響を論じている。

仏教の受戒儀礼の源流がヴェーダの入門儀礼展開の文脈上にあり、また初期仏典にヴェーダ文献の宗教・思想関連の単語が数多く用いられていることを知れば、ブッダの生きた時代もまた現実味を帯びてよみがえる。

入門儀礼の最大の形而上的観念は「師の胎児となって新たに誕生する」ことにあると著者は言う。これはヴェーダの本質についての重要な指摘である。

定価9900円、法藏館(電話075・343・5656)刊。

上皇と法皇の歴史 仙洞年代記

上皇と法皇の歴史 仙洞年代記…槇道雄著

1月21日

我が国の天皇制の歴史は、国体の変遷と一体的に展開している。大和政権成立の初めから、象徴天皇制の現憲法下で天皇自らが退位を表明し、憲政史上最初の上皇が誕生するという今日に及…

寺院経営がピンチ! 坊さんの覚悟

寺院経営がピンチ! 坊さんの覚悟…瑞田信弘著

12月24日

浄土真宗本願寺派稱讃寺住職の著者が、人々の既存仏教への関心の薄れや法事への価値観の低下、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い葬儀や法事が縮小傾向にあることを受けて寺院の今後…

思いがけず利他

思いがけず利他…中島岳志著

12月23日

「利他的であろうとすると利他が逃げていくのだったら、わたしはどうすればいいのか」。本書は「利他」を巡る矛盾を「わたし」自身への問いとして引き受け、読者に問う。新型コロナウ…

包括・被包括の観点で 宗派の未来目指す予算に

社説1月21日

1・17から27年 語り伝える努力を

社説1月19日

日常の中の仏行 「百丈清規」の現代的意義

社説1月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加