PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2022
PR
翠雲堂

道元を生きる…ひろさちや著

2021年10月1日 11時29分
道元を生きる

親鸞に始まった「祖師を生きる」シリーズ(全8巻)の第2巻。曹洞宗の宗祖にして、日本を代表する思想家でもある道元の生涯をたどりながら、道元が見つけた真の生き方を親しみやすい形で解き明かしている。

正師・如浄に対し、道元は悟りの境涯を「身心脱落」と2度称した。著者は身心脱落を「自我意識をなくすこと」と解説。ただ自我意識を完全になくすことは不可能であり、自我意識を角砂糖に例えた上で、それを湯に溶かした状態だと説明する。「ただわが身をも心をもはなちわすれて、仏のいへになげいれて」(『正法眼蔵』)の言葉から「角砂糖である自我意識(身心)を、大きな悟りの世界に投げこんでしまえばいい」と導く。つまり、身心脱落とは自己の消滅ではなく「自己の全量――角砂糖の全量――が湯の中にある」状態だと説明を加える。

道元は「一切衆生、悉有仏性」を「一切ハ衆生ナリ。悉有ハ仏性ナリ」と読み、この世界を丸ごと仏性にしてしまったという。それは仏性の有無などを超えて、全てを平等に捉えたことでもある。著者は「落ち込んでいれば、そのまま落ち込んでいればいい。苦しいときはそのまま苦しめばよい。悩むときは悩めばいい。それが道元の言いたかったことだ」と、読者に語り掛けている。

定価1650円、佼成出版社(電話03・5385・2323)刊。

上皇と法皇の歴史 仙洞年代記

上皇と法皇の歴史 仙洞年代記…槇道雄著

1月21日

我が国の天皇制の歴史は、国体の変遷と一体的に展開している。大和政権成立の初めから、象徴天皇制の現憲法下で天皇自らが退位を表明し、憲政史上最初の上皇が誕生するという今日に及…

寺院経営がピンチ! 坊さんの覚悟

寺院経営がピンチ! 坊さんの覚悟…瑞田信弘著

12月24日

浄土真宗本願寺派稱讃寺住職の著者が、人々の既存仏教への関心の薄れや法事への価値観の低下、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い葬儀や法事が縮小傾向にあることを受けて寺院の今後…

思いがけず利他

思いがけず利他…中島岳志著

12月23日

「利他的であろうとすると利他が逃げていくのだったら、わたしはどうすればいいのか」。本書は「利他」を巡る矛盾を「わたし」自身への問いとして引き受け、読者に問う。新型コロナウ…

包括・被包括の観点で 宗派の未来目指す予算に

社説1月21日

1・17から27年 語り伝える努力を

社説1月19日

日常の中の仏行 「百丈清規」の現代的意義

社説1月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加