PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2022
PR
翠雲堂

神智学と仏教…吉永進一著

2021年10月4日 09時43分
神智学と仏教

近代仏教史のこれまでの研究では、肉体を超えた霊的な世界への理解や、他者の健康を治したりする呪術的な実践などの「霊」と「術」の観点に、ほとんど光が当てられてこなかった。著者は近代日本の仏教者が神智学やスウェーデンボルグ思想とどう関わり、仏教復興に利用したかなどを論じている。

神智学協会は1875年に米国ニューヨークで結成され、インドに本部を移転して国際的組織に成長。内実は西洋オカルティズムと東洋宗教の寄せ集めとも指摘されるが、欧米人の東洋宗教への入り口の役割を果たした。

創立者のオルコットが1889(明治22)年に来日したことは、メディアを賑わす事件となった。当時は欧化政策の反動で破邪顕正運動と呼ばれる反キリスト教運動が盛んであり、一方で各宗派が講演活動を経済的に支援したためである。ただし日本仏教側は、オルコットの思想より「欧米仏教徒」の存在を利用して仏教が文明的宗教だと国民に印象づける狙いがあったため、神智学そのものは議論されず「忘却された」としている。

鈴木大拙が大正時代、他界の存在が否定された近代社会の中でいかに救済を得ることが可能かを自問し、神秘家・スウェーデンボルグを創造的に解釈した点も興味深い。解題を碧海寿広・武蔵野大准教授が執筆している。

定価4400円、法藏館(電話075・343・5656)刊。

上皇と法皇の歴史 仙洞年代記

上皇と法皇の歴史 仙洞年代記…槇道雄著

1月21日

我が国の天皇制の歴史は、国体の変遷と一体的に展開している。大和政権成立の初めから、象徴天皇制の現憲法下で天皇自らが退位を表明し、憲政史上最初の上皇が誕生するという今日に及…

寺院経営がピンチ! 坊さんの覚悟

寺院経営がピンチ! 坊さんの覚悟…瑞田信弘著

12月24日

浄土真宗本願寺派稱讃寺住職の著者が、人々の既存仏教への関心の薄れや法事への価値観の低下、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い葬儀や法事が縮小傾向にあることを受けて寺院の今後…

思いがけず利他

思いがけず利他…中島岳志著

12月23日

「利他的であろうとすると利他が逃げていくのだったら、わたしはどうすればいいのか」。本書は「利他」を巡る矛盾を「わたし」自身への問いとして引き受け、読者に問う。新型コロナウ…

包括・被包括の観点で 宗派の未来目指す予算に

社説1月21日

1・17から27年 語り伝える努力を

社説1月19日

日常の中の仏行 「百丈清規」の現代的意義

社説1月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加