PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2022
PR
翠雲堂

よくわかる一神教 ユダヤ教、キリスト教、イスラム教から世界史をみる…佐藤賢一著

2021年10月5日 09時41分
よくわかる一神教 ユダヤ教、キリスト教、イスラム教から世界史をみる

アフガニスタン紛争やイラク戦争、イスラエルとパレスチナの対立など、世界の争いにはユダヤ教、キリスト教、イスラム教といった一神教が関わっている。「どうして今に至るまで問題の種であり続けるのか」。その理由を教義や宗教観だけで捉えるのではなく、それぞれの宗教の歴史を古代から現代までたどり探る。

ユダヤ教、キリスト教、イスラム教は同じ根から誕生し、共にエルサレムを聖地とする。しかし、キリスト教からの差別や迫害を受けるユダヤ教、国教化により影響力を高めるキリスト教、繁栄しつつも軍事的な敗北により西洋諸国に隷属されていくイスラム教の国々は、互いに絡み合いながら一つにはならず、異なる歴史を歩んできた。

民主主義や科学の発展した近代において、「宗教は克服されるべきもの」だと思い込んできたと著者は振り返る。

多神教の土壌では異なる宗教が共存できるように、宗教の教義と民主主義、科学は共存できるとし、一神教の一元的な発想に対立の問題点を見る。

現在のタリバンやシリア内戦、ウクライナ問題にも言及する。西洋歴史小説を手掛けてきた著者による一神教を柱とした世界史の講義。

定価1760円、集英社(電話03・3230・6080)刊。

上皇と法皇の歴史 仙洞年代記

上皇と法皇の歴史 仙洞年代記…槇道雄著

1月21日

我が国の天皇制の歴史は、国体の変遷と一体的に展開している。大和政権成立の初めから、象徴天皇制の現憲法下で天皇自らが退位を表明し、憲政史上最初の上皇が誕生するという今日に及…

寺院経営がピンチ! 坊さんの覚悟

寺院経営がピンチ! 坊さんの覚悟…瑞田信弘著

12月24日

浄土真宗本願寺派稱讃寺住職の著者が、人々の既存仏教への関心の薄れや法事への価値観の低下、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い葬儀や法事が縮小傾向にあることを受けて寺院の今後…

思いがけず利他

思いがけず利他…中島岳志著

12月23日

「利他的であろうとすると利他が逃げていくのだったら、わたしはどうすればいいのか」。本書は「利他」を巡る矛盾を「わたし」自身への問いとして引き受け、読者に問う。新型コロナウ…

包括・被包括の観点で 宗派の未来目指す予算に

社説1月21日

1・17から27年 語り伝える努力を

社説1月19日

日常の中の仏行 「百丈清規」の現代的意義

社説1月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加