PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
第18回「涙骨賞」を募集 翠雲堂

お寺の掲示板 諸法無我…江田智昭著

2021年10月15日 13時28分
お寺の掲示板 諸法無我

「ボーッと生きてもいいんだよ」「隣のレジは早い」……。近年、お寺の掲示板への注目が急激に高まっている。より良く生きるための指針や、人間の本性を巧みに指摘するものなど、短い言葉に深い仏の教えが込められる。添えられたイラストや住職の人柄が表れた書体で言外の意味が加わり、また「俺が↓我」のように文字の配列で瞬時に伝えるものもある。本書は掲示板ブームの火付け役、仏教伝道協会主催「輝け! お寺の掲示板大賞」を企画した僧侶が投稿作品を解説する。

2020年の大賞作品は「コロナよりも怖いのは人間だった」。感染拡大初期にドラッグストア店員が、マスクを求めて押し寄せる客に対して抱いた思いだ。著者は当時の殺気だった雰囲気を振り返り「余裕をなくした状態。それはある意味、人間の本性を示したもの」と冷静に見つめる。そして「この掲示板の『人間』という言葉を見て、ほとんどの人が傍若無人な振る舞いをする『他人』の姿を瞬時にイメージしたのではないでしょうか」と問い掛ける。

30余の掲示を取り上げており、それぞれに住職が考え抜いた跡が感じられる。今年の掲示板大賞の応募締め切りは20日。応募の前に目を通しておきたい一冊だ。

定価1100円、新潮社(電話03・3266・5111)刊。

空海を生きる

空海を生きる…ひろさちや著

12月6日

仏教を分かりやすく語り続けてきた著者による書き下ろしシリーズ「祖師を生きる」(全8巻)の3作目。真言密教を体現するかのような空海の生涯を時系列でたどりながら、その実像と教…

聖徳太子と四天王寺

聖徳太子と四天王寺…石川知彦監修・和宗総本山四天王寺編集

12月3日

来年4月まで営まれる聖徳太子1400年御聖忌を記念して出版された。四天王寺が創建された古代から平安、中世、近世、近現代と伽藍建築を解説した本記に加え、37本のコラムで「信…

入定する霧島修験 島津氏帰依僧の『日録』に見る近世修験道の変容

入定する霧島修験 島津氏帰依僧の『日録』に見る近世修験道の変容…森田清美著

11月30日

島津家や庶民がその霊験に帰依し、石室に入定して「火の神」となった近世中期の真言僧の自伝『空順法印日録』104段を、自筆の可能性がある写本を底本に全文翻刻し、読み解いた。廃…

情報のTsunami 救済は全人的知に基づく

社説12月3日

WCRP50年 新たな10年へ行動目標

社説12月1日

見えざるものの力 死者との関係を取り戻す

社説11月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加