PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
第18回「涙骨賞」を募集 翠雲堂

本願寺の軌跡 -創建から東西分派、そして現代へ-…草野顕之著

2021年11月12日 10時42分
本願寺の軌跡 -創建から東西分派、そして現代へ-

日本仏教史や真宗史の研究で知られる著者が真宗大谷派の月刊誌『同朋』の2020年7月号~21年2月号に計8回連載した「本廟創立と東本願寺の歴史-その時代と教えの伝統」と加筆分を集成した一冊で、本願寺の起源となった大谷廟堂から現在の真宗本廟(東本願寺)に至る歴史を専門的な知見や写真・図を交えて平易に叙述している。

『同朋』の連載と本書の刊行は今年が大谷廟堂の建立から750年の節目に当たることを踏まえたもので、全9章で構成。親鸞聖人の墓所である大谷廟堂が京都・吉水の北はずれに創建された経緯から覚如上人による寺院化、蓮如上人の中興、戦国期の本願寺教団の権門化、石山合戦と東西分派までを取り上げた『同朋』の連載に加え、第9章「江戸時代から近現代の真宗本廟」を書き下ろした。

近年の研究を踏まえた知見も盛り込まれている。例えば、廟堂の管理者の継職を巡って覚恵と唯善が争った唯善事件について、唯善の「野望」や「策謀」との従来の評価に対し、中世の土地寄進や返還に関する慣習から唯善の主張が「社会的には一定程度の正当性を持って受け入れられました」との側面を解説している点が興味深い。

全編80㌻余りの短めの分量で読みやすい一方、内容の密度も濃い良書だ。

定価1540円、東本願寺出版(電話075・371・9189)刊。

空海を生きる

空海を生きる…ひろさちや著

12月6日

仏教を分かりやすく語り続けてきた著者による書き下ろしシリーズ「祖師を生きる」(全8巻)の3作目。真言密教を体現するかのような空海の生涯を時系列でたどりながら、その実像と教…

聖徳太子と四天王寺

聖徳太子と四天王寺…石川知彦監修・和宗総本山四天王寺編集

12月3日

来年4月まで営まれる聖徳太子1400年御聖忌を記念して出版された。四天王寺が創建された古代から平安、中世、近世、近現代と伽藍建築を解説した本記に加え、37本のコラムで「信…

入定する霧島修験 島津氏帰依僧の『日録』に見る近世修験道の変容

入定する霧島修験 島津氏帰依僧の『日録』に見る近世修験道の変容…森田清美著

11月30日

島津家や庶民がその霊験に帰依し、石室に入定して「火の神」となった近世中期の真言僧の自伝『空順法印日録』104段を、自筆の可能性がある写本を底本に全文翻刻し、読み解いた。廃…

情報のTsunami 救済は全人的知に基づく

社説12月3日

WCRP50年 新たな10年へ行動目標

社説12月1日

見えざるものの力 死者との関係を取り戻す

社説11月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加