PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2022
PR
翠雲堂

古代日本対外交流史事典…鈴木靖民監修

2021年12月17日 11時59分
古代日本対外交流史事典

文献史学、考古学、文学の新進気鋭の研究者30人が執筆を担当し、40の研究テーマにまとめた。古代日本と中国、朝鮮半島との交流の歴史をたどる。文物、政治制度、交易だけでなく、仏教を重要な要素として取り上げ、仏教の伝来、遣唐使や来日僧との交流や影響に光を当てる。

河上麻由子・大阪大大学院准教授は『隋書』倭国伝と『日本書紀』で、仏教の伝来が倭国の要求によるものか百済の聖明王の判断によるものだったのか、記述の違いに注目。高句麗や新羅における仏教公伝の経緯を比較しつつ、どのようにして倭国に仏教が伝わったのかを探る。

浜田久美子・大東文化大教授は、新羅仏教が日本の華厳経学、盧舎那仏造立に与えた影響をたどる。入唐した最澄や空海の記録からも新羅密教との接触が見られるが、入唐僧と新羅仏教との交流の諸相を明らかにするにはさらなる研究が必要と指摘する。

事典という形式を取り、テーマとキーワードの解説からなる。各時代の特徴や変遷が分かる27種の地図を収録。同じ用語が複数のテーマでキーワードとして挙げられている場合でも、それぞれの内容に合わせた異なる視点から説明する。最新の研究成果を反映し、読者に幅広い知識と深い理解を提供する。

定価6600円、八木書店(電話03・3291・2961)刊。

廣澤隆之選集 第一巻 自然ということ1

廣澤隆之選集 第一巻 自然ということ1…廣澤隆之著

1月26日

大乗仏教の教理哲学的研究を専門としながらも、西洋思想や宗教哲学、アジアの文化史など幅広い見識に富む著者による随想や論考をまとめた。全10巻に161編の文章を収録している。…

みんなに喜ばれるお寺33実践集 これからの寺院コンセプト

みんなに喜ばれるお寺33実践集 これからの寺院コンセプト…松本紹圭・遠藤卓也著

1月25日

過疎化で檀家が減り、葬儀や法事も縮小し、コロナ禍がそれに追い打ちをかける中で寺院運営は今後どうしたらよいのか。今を生きる人々の悩みや問題に応えるため、お寺はこれまでの枠を…

東洋学術研究 第60巻第2号

東洋学術研究 第60巻第2号…東洋哲学研究所編

1月24日

東洋哲学研究所は今年、創立60周年を迎える。それを踏まえて、本書の巻頭には「東洋哲学とは何か」を改めて問い直す特別鼎談が所収されている。 2021年7月に行われた、斎藤慶…

トンガ噴火津波で 平時の備えこそ防災の要

社説1月26日

包括・被包括の観点で 宗派の未来目指す予算に

社説1月21日

1・17から27年 語り伝える努力を

社説1月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加