PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

みんなに喜ばれるお寺33実践集 これからの寺院コンセプト…松本紹圭・遠藤卓也著

2022年1月25日 15時05分
みんなに喜ばれるお寺33実践集 これからの寺院コンセプト

過疎化で檀家が減り、葬儀や法事も縮小し、コロナ禍がそれに追い打ちをかける中で寺院運営は今後どうしたらよいのか。今を生きる人々の悩みや問題に応えるため、お寺はこれまでの枠を超えて様々な社会的役割を求められている。

本書は、そうした厳しい境涯にあって起死回生を図る全国各宗派33カ寺の住職、副住職、青年僧、坊守の取り組みを紹介する。

第1部「これからの時代のお寺の役割」では、仏事・伝統行事のイノベーション、お寺の持続可能な事業計画、ウェルビーイングに貢献する居場所づくりの実践18例を紹介。第2部「これからの時代の僧侶の役割」では、起業・兼業・社会貢献をする僧侶、人々をつなぎ“ともにいる”僧侶、学び合い・研鑽を積む新しい場づくりの実践15例を収録し、「日本のお寺は二階建て論」の提唱者である「未来の住職塾」塾長の松本紹圭氏と、同塾講師の遠藤卓也氏が33カ寺の実践者に聞く。さらに、遠藤氏が「みんなに喜ばれるお寺になるために」、松本氏が「これからの寺院コンセプト12ポイント」と題して総括的に提案する。

本書は『月刊住職』で連載中の「今からこれから未来の仏教ラボ」の2019年1月号~21年9月号の原稿を再編集したもの。

定価2530円、興山舎(電話03・5402・6601)刊。

現代社会を宗教文化で読み解く -比較と歴史からの接近

現代社会を宗教文化で読み解く -比較と歴史からの接近…櫻井義秀・平藤喜久子編著

5月17日

宗教の定義は様々で、しかも伝統宗教の弱体化とともに、宗教と非宗教の境界も見えにくくなっている。現代の社会現象の多くに宗教文化が関わっているといわれても、すぐにピンとこない…

憑霊信仰と日本中世社会

憑霊信仰と日本中世社会…徳永誓子著

5月16日

霊的存在と人間との交感として一般的に知られるのは、神や鬼、死者や生者、狐や蛇などの動物の霊が憑依する現象である。「憑霊」の語は、何ものかが憑く現象を総体的・体系的に研究し…

地獄と娑婆のお地蔵さん

地獄と娑婆のお地蔵さん…ひろさちや著

5月13日

村はずれのお地蔵さん、いつもにこにこ見てござる……。日本人の心象風景にある「お地蔵さん」の特質や魅力について、先日85歳で亡くなったひろさちや氏が解説する。 1979~8…

いのちを社会で育てる 内密出産と不妊治療

社説5月20日

戦争の愚かさ 時代遅れの悪質なプライド

社説5月18日

介護用品贈与通じ 支え合いの精神広める

社説5月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加