PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

廣澤隆之選集 第一巻 自然ということ1…廣澤隆之著

2022年1月26日 12時32分
廣澤隆之選集 第一巻 自然ということ1

大乗仏教の教理哲学的研究を専門としながらも、西洋思想や宗教哲学、アジアの文化史など幅広い見識に富む著者による随想や論考をまとめた。全10巻に161編の文章を収録している。

学術的な論文と平易な随想を区別せず、テーマごとに分類。随想の中に学術的考察を見いだすことができ、著者の思索のプロセスが示唆されている。各巻のテーマは1、2巻=自然ということ▽3、4巻=体験とことば▽5、6巻=文明・文化への視座▽7、8巻=神秘と祈り▽9巻=仏教学を超えて▽10巻=別巻(法話集)。

真言密教の教理をはじめ、平等・差別、自然、葬儀、あるいは日々の生活の中で感じる季節など多種多様な話題を縦横無尽に軽妙な筆致と深い思索で語っている。

第1巻では、コスモロジーや自然などの概念が仏教においても適用するのか、検証しながら弘法大師の自然観を探る。

文献学的な手法を重視した近代仏教学、近代の西洋で培われた思想を投射し、仏教思想を捉える現代の仏教界に警鐘を鳴らす。学者であり僧侶である著者は、文献学的研究の対象ではなく、自身の思想の問題として仏教と向き合ってきた。「仏教とは何か」との問いを探究し続けてきた真言宗僧侶の集成。

各冊定価4400円、同朋舎新社(電話03・6256・8917)刊。

現代社会を宗教文化で読み解く -比較と歴史からの接近

現代社会を宗教文化で読み解く -比較と歴史からの接近…櫻井義秀・平藤喜久子編著

5月17日

宗教の定義は様々で、しかも伝統宗教の弱体化とともに、宗教と非宗教の境界も見えにくくなっている。現代の社会現象の多くに宗教文化が関わっているといわれても、すぐにピンとこない…

憑霊信仰と日本中世社会

憑霊信仰と日本中世社会…徳永誓子著

5月16日

霊的存在と人間との交感として一般的に知られるのは、神や鬼、死者や生者、狐や蛇などの動物の霊が憑依する現象である。「憑霊」の語は、何ものかが憑く現象を総体的・体系的に研究し…

地獄と娑婆のお地蔵さん

地獄と娑婆のお地蔵さん…ひろさちや著

5月13日

村はずれのお地蔵さん、いつもにこにこ見てござる……。日本人の心象風景にある「お地蔵さん」の特質や魅力について、先日85歳で亡くなったひろさちや氏が解説する。 1979~8…

僧侶の生老病死 寺院の外で迎える老後

社説5月25日

いのちを社会で育てる 内密出産と不妊治療

社説5月20日

戦争の愚かさ 時代遅れの悪質なプライド

社説5月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加