PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

法然を生きる…ひろさちや著

2022年2月8日 12時38分
法然を生きる

仏教の解説書を長年手掛けてきた著者が、最新の仏教研究を踏まえて書き下ろした「祖師を生きる」シリーズ(全8巻)の4冊目。国家の安泰や為政者の幸福を願う「国家仏教」ではなく「庶民のための仏教」という観点から、法然の生涯と教えを分かりやすく解説する。

地方官の家に生まれた法然は、幼時に父が殺害されたことから寺院に預けられ、その後15歳で受戒。比叡山や南都での修学を経て、専修念仏と呼ばれる独自の念仏理論を打ち出した。念仏への専念によって往生を頼むという教えを裏打ちするのは、弱く貧しい人々を差別せず、ありのままを肯定した上で、全ての人を救済する阿弥陀仏の慈悲を信じる法然の一貫した態度だ。

著者は最終章で、法然の教えが現代社会を生きるための手掛かりとなることを提示する。物質的には充足し、当時考えられていた「穢土」とは一見、無縁に思われる現代社会でも、世俗的成功を求めて競争や努力を強いる「世間の物差し」に疲弊する人は多い。「南無阿弥陀仏」の名号は、苦しみの中で世間を生きる人々の支えとなると同時に、相手をそのままで肯定する「仏の物差し」によって生きるという帰依の言葉であることを法然の教えから学ぶことができるとしている。

定価1650円、佼成出版社(電話03・5385・2323)刊。

現代社会を宗教文化で読み解く -比較と歴史からの接近

現代社会を宗教文化で読み解く -比較と歴史からの接近…櫻井義秀・平藤喜久子編著

5月17日

宗教の定義は様々で、しかも伝統宗教の弱体化とともに、宗教と非宗教の境界も見えにくくなっている。現代の社会現象の多くに宗教文化が関わっているといわれても、すぐにピンとこない…

憑霊信仰と日本中世社会

憑霊信仰と日本中世社会…徳永誓子著

5月16日

霊的存在と人間との交感として一般的に知られるのは、神や鬼、死者や生者、狐や蛇などの動物の霊が憑依する現象である。「憑霊」の語は、何ものかが憑く現象を総体的・体系的に研究し…

地獄と娑婆のお地蔵さん

地獄と娑婆のお地蔵さん…ひろさちや著

5月13日

村はずれのお地蔵さん、いつもにこにこ見てござる……。日本人の心象風景にある「お地蔵さん」の特質や魅力について、先日85歳で亡くなったひろさちや氏が解説する。 1979~8…

いのちを社会で育てる 内密出産と不妊治療

社説5月20日

戦争の愚かさ 時代遅れの悪質なプライド

社説5月18日

介護用品贈与通じ 支え合いの精神広める

社説5月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加