PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

見捨てられる〈いのち〉を考える…安藤泰至・島薗進編著

2022年2月9日 12時15分
見捨てられる〈いのち〉を考える

島薗進・上智大グリーフケア研究所長らがつくる「ゲノム問題検討会議」で一昨年8月から12月まで3回にわたり行われたオンラインセミナーを書籍化した。医師2人が同年7月に逮捕されて発覚した京都のALS(筋萎縮性側索硬化症)患者に対する嘱託殺人を受け、安楽死・尊厳死に関する言説を問い直した。「自己決定」の議論が広がるが、生きる方向では認められず「死ぬ権利」ばかりが安易に認められていく現状に警鐘を鳴らす。

本人が「死にたい」と言ったとしても人の気持ちは常に揺れるし、「人として生きる意味や価値をもって生きたい」のに生きられないから「死にたい」という気持ちになることもある。「他人に迷惑をかけてまで生きたくない」と安楽死を肯定する人がいるが、安藤泰至・鳥取大医学部准教授は「普段、他人に迷惑をかけていないのか?」と疑問視し、実際に自らが病気や重い病気を有するようになったときに、「殺される側」「殺されることに脅威を感じる側」に回るかもしれないという現実を想像すらしていないと断じる。

大谷いづみ・立命館大産業社会学部教授は、若年層の生きづらさを背景に「死ぬ権利」の議論が共振しているとして「美しく死ぬ作法」より「みっともなくても生きのびること」が重要だと訴える。

定価1980円、晶文社(電話03・3518・4940)刊。

現代社会を宗教文化で読み解く -比較と歴史からの接近

現代社会を宗教文化で読み解く -比較と歴史からの接近…櫻井義秀・平藤喜久子編著

5月17日

宗教の定義は様々で、しかも伝統宗教の弱体化とともに、宗教と非宗教の境界も見えにくくなっている。現代の社会現象の多くに宗教文化が関わっているといわれても、すぐにピンとこない…

憑霊信仰と日本中世社会

憑霊信仰と日本中世社会…徳永誓子著

5月16日

霊的存在と人間との交感として一般的に知られるのは、神や鬼、死者や生者、狐や蛇などの動物の霊が憑依する現象である。「憑霊」の語は、何ものかが憑く現象を総体的・体系的に研究し…

地獄と娑婆のお地蔵さん

地獄と娑婆のお地蔵さん…ひろさちや著

5月13日

村はずれのお地蔵さん、いつもにこにこ見てござる……。日本人の心象風景にある「お地蔵さん」の特質や魅力について、先日85歳で亡くなったひろさちや氏が解説する。 1979~8…

僧侶の生老病死 寺院の外で迎える老後

社説5月25日

いのちを社会で育てる 内密出産と不妊治療

社説5月20日

戦争の愚かさ 時代遅れの悪質なプライド

社説5月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加