PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

クィア神学の挑戦…工藤万里江著

2022年2月22日 12時53分
クィア神学の挑戦

性的少数者一般を指す「クィア」とキリスト教との問題を扱うクィア神学専門家による重厚な論考。数々の先行研究を援用し性にまつわる神学の変化や課題を検討しつつ、あらゆる人々の解放や救いの可能性を見いだす。

クィアは元々、同性愛者ら従来の性規範から外れた人への侮蔑語として使われてきた。しかし近年は主流社会からの逸脱を強調し、社会規範の差別性を告発する用語として使われる。特にクィア神学は、強固な家父長制、異性愛中心主義を背骨にしたキリスト教の規範をマイノリティーの立場から批判する学問として研究が進められている。

クィアの意味がつかみにくいのは、あらゆる性規範を超越するからだろう。ゲイ神学やレズビアン神学さえ「非異性愛」のカテゴリーに縛られているとクィア神学は指摘する。

特に、登場する神学者の一人、アルトハウス=リードは、男性・女性・LGBTといったカテゴリーを超え、現実の人々の身体が経験するあらゆる苦しみ、喜びを覆い隠すことのない神学としてクィアを昇華させている。

著者はリードの「『共に生きる』ために主体を固定せず、キリスト教の構築性・規範性に挑む」姿勢を高く評価する。あらゆる性を包括するクィアが、既存の神学解釈の地平を押し広げる可能性に気付かされる。

定価4730円、新教出版社(電話03・3260・6148)刊。

現代社会を宗教文化で読み解く -比較と歴史からの接近

現代社会を宗教文化で読み解く -比較と歴史からの接近…櫻井義秀・平藤喜久子編著

5月17日

宗教の定義は様々で、しかも伝統宗教の弱体化とともに、宗教と非宗教の境界も見えにくくなっている。現代の社会現象の多くに宗教文化が関わっているといわれても、すぐにピンとこない…

憑霊信仰と日本中世社会

憑霊信仰と日本中世社会…徳永誓子著

5月16日

霊的存在と人間との交感として一般的に知られるのは、神や鬼、死者や生者、狐や蛇などの動物の霊が憑依する現象である。「憑霊」の語は、何ものかが憑く現象を総体的・体系的に研究し…

地獄と娑婆のお地蔵さん

地獄と娑婆のお地蔵さん…ひろさちや著

5月13日

村はずれのお地蔵さん、いつもにこにこ見てござる……。日本人の心象風景にある「お地蔵さん」の特質や魅力について、先日85歳で亡くなったひろさちや氏が解説する。 1979~8…

いのちを社会で育てる 内密出産と不妊治療

社説5月20日

戦争の愚かさ 時代遅れの悪質なプライド

社説5月18日

介護用品贈与通じ 支え合いの精神広める

社説5月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加